このサイトについて|スノボーのスー

このサイトについて


このサイトの目的


このサイトでは、プロスノーボーダーとインストラクターが培ってきたスノーボード上達のノウハウ、現在の知識のすべてを紹介したいと思っています。

これからスノーボードを始める人、伸び悩んでる人、お子さんにスノーボードを教えたい人(もちろん女の子に教えたい人も)などが参考にしてくれると嬉しいです。



サイト内の動画について


サイト内の動画を見るためにはQuickTimeプレイヤーが必要です。
こちらから無償でダウンロードできます。

QuickTimeプレイヤーがインストールされているのに見れない場合は、ブラウザが対応していない可能性があります。
他のブラウザを使って開いてみて下さい。



アルペンについては触れてません


フリースタイルのみの解説になってます。



レギュラー用の説明です


このサイトの解説文は全てレギュラー用に書いてるので、グーフィーの人は左右逆に考えてください。



スイッチのトリックは逆転します


例えば、スイッチスタンスになってもノーズとテールは変わりませんので、ノーズが後ろ、テールが前になります。

他にも、スイッチでやったらどっちになるの?というトリックが結構あります。
しかし、人それぞれで認識が違いますし説明する上でもわかりづらいので、このサイトでは逆転して説明します。

なので、スイッチスタンスでも前がノーズ、後ろがテールとします。
同様に、スイッチエントリーのインディグラブは左手で、スイッチエントリーのミュートグラブは右手と言う具合で説明します。


ただし、スピンするトリックの場合は逆転しません。
例えば、SWB360のインディグラブは右手として説明します。
またSWF180toテールプレスtoB180の場合、右足(本当のテール)でプレスすることとして説明します。

ややこしくなってしまいますが、このように使い分けて説明した方が実際にトリックするときに理解しやすいと思っています。



スノーボードに正解は無い


スノーボードに最も正しいと言えるやり方はありません。

第一に、
レベル上がれば、滑り方も変わります。
第二に、
スノーボードは日々進化してます。「5年前の理論は古い」なんてざらです。
第三に、
人によってやりやすい方法が違います。

ですので、このサイトでは管理人がベターだと思う方法を紹介していますが、ベストとは言えないことを理解しておいてください。

ただし、中級レベルまではこのサイトに書いてあることで十分だと思います。
上級者になり、より上を目指すときはいろいろな理論、やり方を試してみると良いと思います。



怪我は自己責任


このサイトでは、出来るだけ効率良く、出来るだけ怪我が少なくスノーボードが上達するための方法を紹介しています。
しかし、このサイトのやり方で怪我されても当サイトは責任を負えません。

くれぐれも気をつけてスノーボードを楽しんでください。



著作権について


このサイトの内容について、著作権などの全ての権利を放棄していません。
転載厳禁です。



リンクについて


リンクフリーです。
お好きにどうぞ♪


お問い合わせ先


何かしらのお問い合わせは以下のアドレスにご連絡ください。

サイトの内容やスノーボードに関する質問、苦情などを受けた場合は、基本的に直接は返信しません。
サイトの中身に反映する形で応えようと思っています。





Why「スノボーのスー」?


サイトタイトルである「スノボーのスー」の命名理由をよく聞かれるので、ここで紹介しておこうと思います。

まず、スノーボードの「ス」の字と言えるような基礎から始めても、スーっと(スムーズに)上達してもらいたいという気持ちを込めてます。

そして、気軽にスノーボードにチャレンジして欲しいという想いから「スノボー」という軽い響きのキーワードをセレクトしました。

最後に、なんとなく語呂が良かったのが決め手です。

そんな感じで、意外と考えて命名しています。


プライバシーポリシー


当サイトではGoogleによる広告サービスを利用しています。

GoogleやGoogleのパートナーは、Google広告Cookie を使用して、当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告を配信します。

必要であれば、こちらのページでGoogle広告Cookieを使用できないように設定することができます。









>スノボーのスー -TOP-