スノーボードのマナー|スノボーのスー

ゲレンデでのマナー

ゲレンデでのマナーを紹介します。

色々ありますが、初心者がやってしまいがちなものだけ紹介します。

ルールよりも重要なものもあります。
しっかりチェックしておいてください。


死角で休まない(死角で止まらない)
上から見えない場所で止まったり休んではいけません。
滑ってる人には見えないので、衝突される可能性がありとても危険です。

てゆーか、むちゃくちゃ危険です!

「ここを滑る人はいないだろう。」と思う場所でもだめです。
上級者は、初級者では予想も出来ない場所を滑って遊びます。

初級者がよくやってしまうので、注意しましょう。


コース上で座り込まない
危ないです。
邪魔です。


横に広がって止まらない
止まる場合は縦に並びましょう。
横に広がると邪魔です。


滑る可能性がある場所で休まない
「ここを滑る人はいないだろう。」と思う場所でも長く休憩することはやめましょう。
上級者は、初心者では予想も出来ない場所を滑って遊びます。

上手そうな人たちに見られてるな〜。と思ったら、近くに遊ぶところがあるかもしれません。
ちょっと移動してみましょう。


ゴミを捨てない
基本です。


他人のスノーボードを踏まない
エッジで簡単に傷つくので、そうとう嫌がられます。
怒られるときもあります。


突然ジャンプ台を飛ばない(ボックス、レールも同様)
コース上に設置されているジャンプ台を飛ぶときは注意してください。
スタートする場所に順番待ちしてる場合があります。
既に助走に入ってる人がいるかもしれません。

滑っているときにジャンプ台を見つけたときは、そのジャンプ台を飛ぼうとしてる人がいないか確認してから飛びましょう。

もし、助走に入っている人がいるのにジャンプ台を飛んでしまった場合、助走してた人は飛べません。
ムチャクチャ怒られるときもあります。


ジャンプ台の上にのぼらない
ジャンプ台の上に人がいると、待ってる人が飛べません。
知らずにジャンプ台を壊してしまうときもあります。

どこならのぼってよくて、どこが駄目なのかわからない間は、のぼらないようにしましょう。


パークを滑らない
パークのアイテム(キッカー、ボックス、レール、ハーフパイプなど)に用がない場合は、パークに入ることを控えましょう。
始めのうちは、パークのどこを滑ってよくて、どこを滑ってはいけないのかわからないと思います。
それがわからずに滑ると事故の原因になりますし、邪魔にもなります。

(滑ってはいけない場所を滑っていた初心者を、上級者が無理に避けようとして怪我した。なんて事故もありますので注意です。)









>スノーボードのルール・マナー -INDEX-
>>スノボーのスー -TOP-