スノーボード初心者講座:ターンを理解しよう! | スノボーのスー

[初心者講座]ターンの仕組みを理解しよう!

スノーボード初心者講座『最短マスター♪』その5。

基本姿勢、スケーティングの動きはマスターできましたか?

太ももが疲れて大変かもしれませんが、絶対に役に立つので引き続き練習しておいて下さい。


さて。

突然ですが、ここでどのような仕組みでスノーボードが曲がるのか説明しておきたいと思います。

スノーボードは曲がることで方向転換や減速を行います。

そのため、真っ直ぐ滑ることができるようになったら、ターンの練習をすることになります。このサイトのワンフットターンのページの練習です。

初心者にとって、これがちょっとしたハードルになってしまい、ターンを身に付けるのに手間取ることがあります。

よくある原因の1つが、身体の動かし方がわからなくなってしまうことです。
スノーボードが曲がる仕組みがわかっていないために、混乱してしまうんですね。

冷静にやれば混乱するような動きではないんですが、実際に滑りながらやろうとすると、滑ることでイッパイイッパイになってしまったり、曲がらないような錯覚がしたりして、意外と冷静に動けません。

正しい練習方向で繰り返し練習すれば、感覚的に覚えられることなんですが、仕組みを理解しておいた方が混乱も少なく、スムーズに上達できますので、しっかり理解しておきましょう。

※ここでも、左足を前にして滑る場合の説明をしますので、右足が前になった人は左右逆に読んで下さい。

スノーボードは2つの仕組みで曲がります。

1.スノーボードの形を利用して曲がる

1つめが、スノーボードの形を利用することです。

スノーボードはサイドカーブという、弧になっている部分があります。
このサイドカーブの部分にはエッジと言う金属製の刃がついています。
スノーボード用品の名称のページで詳し説明しているので、気になる方は見て来て下さい。

このサイドカーブを雪面に押し付けると、エッジが雪面に食い込み、サイドカーブの形に曲がっていくわけです。

<どちらも押し付けないと、真っ直ぐ進む>


<例えばカカト側を雪面に押し付けると左に曲がる>



スノーボードは横向きに乗るので、サイドカーブは爪先側かカカト側にあります。
そのため、爪先側に体重を掛ければ右に曲がり、カカト側に体重を掛ければ左に曲がります。


どちらにも体重を掛けずに、スノーボードの真ん中に乗ると真っ直ぐ進みます。


2.雪の抵抗を使って曲がる

2つめは、雪の抵抗を利用することです。

左に曲がる場合を例にして説明します。

進行方向に対してスノーボードの向きを左に向けながらスノーボードを傾けると、スノーボードの裏側が雪面から抵抗を受けます。


ちょっと難しい言い方をしましましたが、スノーボードの裏側を向けた方向(右前方)に進みづらくなるわけです。


スノーボードは雪面からの抵抗がない方向に進もうとするので、徐々に左に曲がっていきます。


言い換えると、右前方の雪面を押して、徐々に左に方向転換してるわけです。


左に進もうとすれば、左に曲がるような気がすることがありますが、実際には右前方の雪面を押さえることで、真っ直ぐ進みづらくなり(もちろん右にも進めません)、結果的に左に曲がっていくわけです。

そのため、スノーボードを左に向けて、爪先側を浮かせれば左に、スノーボードを右に向けてカカト側を浮かせれば右に曲がっていきます。



なお、図ではわかりやすくするために、スノーボードの向きを曲がる方向にかなりの角度向けていますが、実際には2、3度向けるぐらいで十分曲がって行きます。

逆に、曲がりたい方向に向け過ぎると、抵抗を受けすぎてスムーズに曲がれません。

3.まとめ

まとめると、

1)曲がりたい側のサイドカーブに体重をかけて

2)曲がりたい方向にスノーボードを向けて

3)曲がりたい側と反対側を浮かせるようにスノーボードを傾ける

ことが、スムーズに曲がるために必要な動きになります。









>スノーボード初心者講座『最短マスター♪』 -INDEX-
>>スノボーのスー -TOP-