スノーボード初心者講座:スケーティング | スノボーのスー

[初心者講座]スケーティングの動き方を覚えよう!

スノーボード初心者講座『最短マスター♪』その4。

基本姿勢ができるようになったら、スケーティングの動きを練習しましょう。
ちなみに、基本姿勢は数回やったぐらいでは身に付かないので、繰り返し練習して下さい。

さて、まずスケーティングとは何か説明します。

スケーティングとは、スノーボードを片足だけ繋げた状態で移動するテクニックです。
実際に見た方がわかると思うので、スケーティングのページの動画を見てから、このページに戻ってきてください。

見てもらった動画のように、左足を前にして滑る人はスノーボードに左足だけ着けた状態で、右足でコイで進みます。
(右足を前にしたスタンスの人は右足だけスノーボードに着けた状態、左足でコギます。)

リフトに乗るときにはスケーティングするので必ず身に付ける必要があります。

初心者にとって、スノーボードを着けた状態は想像以上に動きづらいです。
そのため、スケーティングの練習をすること自体が意外と難しいので、家で練習できることはしっかり身につけておきましょう。

<[初心者講座] スケーティングの練習>

(モデル:鈴木 卓郎

スケーティングの練習

1)基本姿勢になる
まず基本姿勢になります。
ここで滑るわけではないですが、実際にスケーティングする時に進む方向を進行方向とします。


進行方向の向きが重要なので、しっかり頭に入れておいて下さい。
床にフローリングなどの線がある場合は、その線が進行方向と平行になるように基本姿勢をつくると分かりやすいです。



2)左手を進行方向に向け、目線を進行方向に向ける
目線は進行方向を真っ直ぐみておきます。
今後、ずっと進行方向を見たままです。
実際にスケーティングするときも移動する方向を真っ直ぐ見ます。

左手を進行方向に向けておくように意識するのは、左手の向きを固定することで身体の向きが崩れづらいようにして、スケーティングで進む方向を安定させるためです。
(スケーティングに慣れれば、左手がどこに向いていても大丈夫になります。)

足元を見たくなりますが、足元を見るとバランスを崩しやすくなるので注意して下さい。
ここではスノーボードを着けていないので、下を見てもそう簡単にはバランスを崩さないかもしれませんが、スノーボードを着けた状態で足元をみると想像以上にバランスをとりづらいので、しっかりと進行方向を見るクセを付けておきましょう。

姿勢を確認するために、下を向いた場合でも、目線を進行方向に戻すことを忘れないようにして下さい。
目線を戻すのを意外と忘れやすいです。



3)左足に全体重をかける
上半身を左足の上に移動させて、左足だけで全体重を支えて下さい。
右足は床についていますが、そのままの体勢で右足を持ち上げてもバランスが取れる状態です。
上半身の移動に合わせて下半身は動きますが、上半身の姿勢は基本姿勢のままです。

左膝は軽く曲げておきます。
左足の裏全体がベタッと床に付くようにして、左足の真ん中に乗ります。
体重が爪先寄りになったり、カカト寄りになったりしないようにして下さい。




4)左足首、左膝(太もも)、腹筋に力を入れて、この状態で左半身を固定する
右足でコグ前に、体がブレないように体を支えている左半身を固定します。



5)左足だけで体を支えて、右足を持ち上げる
4)がしっかりできていれば、右足を上がた以外は、身体はあまり動かないはずです。
バランスを取り直さないと左足だけで支えられない場合は、バランスをとってから左足首、左膝(太もも)、腹筋に力を入れて左半身を固定しましょう。
左膝が伸びないように注意して下さい。



6)右足を前に出す
右足でコイで進むために、右足を前に出します
右足の爪先は進行方向に向けます。

<上から見た場合の足の位置関係>


右足を前に出しやすいように上半身を進行方向に開いても良いですが、左足の爪先の向きを動かさずに、左膝が軽く曲がった状態になっていれるようにしてください。
左足の向きが変わったり、左膝がのびるとスノーボードに回転する力が伝わってブレてしまい、スケーティングしづらくなります。

進む方向に対して横向きになっているので、左足と右足が交差した状態になります。
また、左足・左膝は斜め前に、右足・右膝は進行方向に向くので、内股になります。

この右足を左足よりもちょっと前に出すというのがうまくスケーティングするコツです。




7)左足に全体重をかけたまま、右あしでこぐ
コグと言ってもここでは進むわけではないので、コグ振りをしてください。
右足の拇趾球から爪先あたりが床をこするように動かします。

実際にスノーボードを着けてスケーティングするときも同じように、左足に全体重をかけたまま右足で雪面こぎます。
コグ時に右足に体重が乗ってしまうと、バランスを崩してしまいます。

また、進行方向と平行に、真っ直ぐコグように意識してください。
左足の向きとコグ方向が交差しているため、真っ直ぐコグのは窮屈な動きになります。
そのため、意識して真っ直ぐこぐようにしないとナナメにコイでしまいます。

<進行方向に平行に真っすぐコグ>


<こんな感じにナナメにコイでしまいやすいので注意>


スノーボードを着けた状態でナナメにコグと、右足がスノーボードにぶつかったり、真っ直ぐ進まなかったりして、どんどんバラバラになっていきます。







8)6)~7)を繰り返す
コグ動作を繰り返し練習してください。

一気にたくさん進もうとして大きくコグと、バランスを崩します。

6)で右足をしっかり前に出して、

7)でちょっとコグ。

というのがポイントです。


9)基本姿勢に戻る
スケーティングから基本姿勢に戻る動きも色々な場面で使います。
初心者にとっては特に重要な動作なので、正しい基本姿勢に戻すように手を抜かずに練習ください。





鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボード初心者講座『最短マスター♪』 -INDEX-
>>スノボーのスー -TOP-