スノーボード初心者講座:体の動き | スノボーのスー

[初心者講座]体の動きを理解しよう!

スノーボード初心者講座『最短マスター♪』その7。

足首の使い方(体重のかけ方と、スノーボードの傾け方)がわかったら、次はスノーボードの方向づけのやり方です。

体の動かし方の練習に入る前に、少し理論的な話をしたいと思います。

効率的な体の動かし方


ターンの仕組みで説明したように、曲がるためにはターンしたい方向にスノーボードを向ける必要があります。

スノーボードを曲がりたい方向に向けるには、身体の上の方を曲がりたい方向に向けて、身体の下の方をついて来させるように動くと、効率が良くスムーズです。

足で力任せにスノーボードを操作することはできますが、それではスムーズに曲がれないですし、非常に疲れます。
また、姿勢が崩れるのでバランスを崩しやすくなり、上達も遅くなります。


具体的に身体の動かし方を説明してみます。

例えば、左に曲がる場合、

1.まず頭を左へ向けていきます。
2.続いて肩、腰、下半身、スノーボードの順番に左に向けていきます。



このように身体の上の方から順に回していくことで、姿勢を崩さずにスムーズに曲がることができます。

上半身だけターン方向に向いたねじれた姿勢になるような感じがするかもしれません。
しかし、実際に滑るときには、頭が向いた直後には、肩が向き、肩が向いた直後には腰が向き・・・という具合に、頭の上から足(スノーボード)までほぼ同時に連動して回っていくので、姿勢はあまり変わりません。

(上達していくと、ちょっと違う動き方もしますが、初心者には役に立たないのでここでは説明しません。)

まとめ

最後にもう一度まとめておきます。

★曲がりたい方向に向けて、身体の上の方から回し始めて、下の部位をついてこさせるようにしてスノーボードの方向付けをする!

★足で力任せにスノーボードを回さない!

しっかり、理解しておいてください。









>スノーボード初心者講座『最短マスター♪』 -INDEX-
>>スノボーのスー -TOP-