スノーボード初心者講座:ターン前半の動き方(右) | スノボーのスー

[初心者講座]ターン前半の動き方を覚えよう!(右曲り)

スノーボード初心者講座『最短マスター♪』その15。

斜面に対して横向きの状態から、真っ直ぐになるまでの体の動かし方の練習に入ります。
今まで練習したことの応用なので、初めから全身の動かし方の練習をします。

まずは右に曲がるための動かし方です。

イメージしやすくするために、ターン(基礎)のページの動画を見てから練習に入ってください。

<[初心者講座] ターン前半の体の動き方の練習(右曲り)>

(モデル:鈴木 卓郎

ターン前半に右に曲がるための動き方

1)左足の爪先を引き上げて、左足以外は基本姿勢になる
斜面に対して横向きの状態は、爪先を引き上げてカカト側に体重をかけています。
その状態に近づけるために、左足の爪先を引き上げておきます。

スノーボードを着けて斜面にいる時は両足とも、爪先を引き上げておかないと止まっていられないのですが、ここで右足の爪先まで引き上げると練習が難しくなるので、右足は普通のままにしておきます。
左足の動き方が重要なので、右足の方は今考えなくても大丈夫です。

[初心者講座]上半身の使い方を覚えよう!(右曲り編)で練習したように全身に軽く力をいれておきます。
2)以降で色々と体を動かしますが、体全体を軽く固定したまま練習してください。



2)[初心者講座]上半身の動かし方を覚えよう!(右曲り編)のページで練習したように、両肩を右に回しながら、目線を右に向けていく
顔がナナメにならないように立てたまま、肩と目線を右に回していきます。
足元を見ないように注意してください。
足元を見るとバランスが悪くなります。
実際に滑る時に足元を見ると、転びやすくなります。





3)2)をしながら、左膝を内側に閉じながら、左足の爪先をゆっくりおろしていく
爪先は力を抜いていくのではなく、力を入れたまま自分の力で下ろしていきます。
とりあえず、ここでは上半身が50~80度回るくらいで爪先が下りきるようにしましょう。
実際に滑りながらやると、こんなに上半身がひねられずに、スノーボードも一緒に回っていきます。





4)体全体が自然に動くようになるまで繰り返し練習
あとは慣れるまで繰り返し練習してください。

何度も言いますが、この練習に気合いを入れるより基本姿勢を完璧にしたほうが、何倍も役に立つので、飽きない程度に練習すれば良いと思います。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボード初心者講座『最短マスター♪』 -INDEX-
>>スノボーのスー -TOP-