スノーボード初心者講座:下半身の動き方(右) | スノボーのスー

[初心者講座]下半身の動かし方を覚えよう!(右曲り)

スノーボード初心者講座『最短マスター♪』その9。

上半身の動かし方をマスターしたら、次は下半身の動かし方を練習します。
<[初心者講座] 下半身の動かし方の練習(右曲り)>

(モデル:鈴木 卓郎

右に曲がるための下半身の動き方

1)基本姿勢になる
[初心者講座]上半身の動かし方を覚えよう!(右曲り編)で練習したように全身に軽く力をいれておきます。
2)以降で色々と体を動かしますが、体全体を軽く固定したまま練習してください。



2)[初心者講座]足首の使い方を覚えよう!で練習したように拇趾球に体重をかけていく
実際に滑るときは両足の拇指球に体重をかけていくのですが、ここで両足とも拇指球に体重をかけると練習しづらいので、右足で身体を支えながら、左足の動きだけを練習してください。
右足の方はあまり重要ではないので、今のところは気にしなくて大丈夫です。

(両足均等に体重をかけながら、左足にかかっている体重を母指球に乗せます。全体重を左足の母指球に乗せる訳ではないので勘違いしないようにしてください。)

目線は基本姿勢のときのまま、まっすぐ前を向けておきます。
最後までまっすぐ前を向いたままですよ。
足元が気になるかも知れませんが我慢しましょう。
(確認するために足元を見るのはOKですが、目線をもとに戻すのを忘れないように!)



3)左膝を内側に閉じる
この動きが、下半身を曲がる方向に回す動きです。
左膝を内側に閉じると、拇趾球を支点にして時計回りにまわるように足首に力がかかります。
ここで簡単に足首を回さずに、しっかり拇趾球で床をグリップしておいてください。


しっかりグリップしていれば、膝の回転に引っ張られ、足首が伸びて突っ張る感じになります。




この突っ張った状態からさらに左膝を閉じると、これ以上足首が伸びないので、拇趾球を支点にして足が時計回りに回っていきます。





4)左足の拇指球に体重が掛かりながら、左膝が内側に向く姿勢が身に付くまで繰り返す
3)の足首がつっぱった状態に自然になれるようになるまで繰り返し練習してください。
この姿勢が身についてから、5)に進みます。


5)こんどは、左膝を内側に閉じながら拇指球に体重をかけていき、3)の姿勢になっていく
<[初心者講座] 連動して下半身を動かす練習(右曲り)>

(モデル:鈴木 卓郎

基本姿勢から、左膝を内側に閉じながら拇指球に体重をかけていきます。

2)、3)では、体重をかけてから左膝を閉じていましたが、こんどは、左膝を閉じながら体重をかけていきます。
動く順序を逆にするんですが、動かすタイミングはほとんど同時です。
膝を動かしてから拇指球に体重をかけるのではなくて、膝を動かしながら体重をかけていきます。

2)、3)で体重かける動きを先にしたのは、膝を先に動かすと正しい姿勢になりづらいからです。
しかし、動きとしては膝の動きに連動して体重をかけた方が効率がよいので、姿勢に慣れてから動かす順序を逆にしてます。





6)3)の姿勢と同じ、左膝の回転に引っ張られるように、左足首が突っ張る姿勢になる





7)左膝の動きと左足の拇趾球に体重をかける動きが、連動する1つの動きとしてできるようになるまで5)6)を繰り返す
「連動する1つの動き」とは、左膝を閉じる動きと、体重をかける動きを別々にやるのではなく、左膝を動かしながら拇指球に体重をかける動きをまとめて1つの動きとして動くという意味です。
左膝の内側を、右前下にひねり落としていくようにイメージすると連動しやすいと思います。



鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボード初心者講座『最短マスター♪』 -INDEX-
>>スノボーのスー -TOP-