スノーボードの選び方(中上級編)

スノーボードの選び方を紹介します。
スノーボードを選ぶ前に、スノーボードの特徴について説明します。

初めてスノーボードを選ぶ人は、スノーボードの選び方(初級編)も参考にしてください。

スノーボードの形状(シェイプ)

スノーボードは大きく分けて3種類の形状に分かれます。


ディレクショナル

ディレクショナル

メインスタンスでの滑りやすさを重視している形状です。
ノーズ側とテール側の形状が違っています。
スノーボードの内部構造も違う場合が多いです。

通常、セットバックが入っています。
ディレクショナルの中でも、スイッチランを無視してるほどメインスタンスを重視したものから、多少スイッチスタンスのことも考慮しているものまで色々あります。

メインスタンスのカービングやパウダーラン向けです。


ツイン

ツイン

メインスタンスもスイッチスタンスも同じように滑れるようにしてある板です。
ノーズ側とテール側が同じ形をしています。
セットバックは入ってません(セットバック0cmです)。

基本的には内部構造もノーズ側テール側一緒ですが、メーカーによっては内部構造が異なっている板もあるようです。
例えば、ノーズ側を柔らかくして、スイッチスタンスでのオーリーをやりやすくしているメーカーもあるようです。

パークやジブなど、スイッチを多用する人向けです。


ディレクショナルツイン

ディレツイン

ディレクショナルとツインの間をとったような板です。
外身の形状はツインだけど、中身は違うとか、形状はツインだけどセットバックが入ってるとか、いろいろです。
メーカーによって勝手に作ってるので、なんとも言えません。

色々やりたいけどスイッチを多用するってほどじゃない人や、メインスタンスの滑りやすさを少しでも残しておきたい人向けです。


固さ

スノーボードの固さを計る指標は2種類あります


トーション
スノーボードがねじれる方向の固さのことです。


フレックス
スノーボードがしなる方向の固さのことです。

どちらも、柔らかいとスノーボードの操作がしやすいですが、高速安定性に欠けます。
固い場合は、スノーボードの操作がしづらいですが、高速安定性が高くなります。

固いスノーボードは両方とも固く、柔らかいスノーボードは両方とも柔らかいのが普通です。
しかし、フレックスを固くし高速安定性を上げながら、トーションを柔らかくして操作性を上げるというようなスノーボードもあります。

こういったスノーボードは癖があるのでオススメしませんが、トーションを使ってスノーボードを操作することが多い人は選択肢に入れてもいいと思います。


スノーボードの太さ


スノーボードが太いと

<メリット>
●直進安定性が高い
面が広いので直進安定性が高いです。

●パウダーに強い
面が広いので浮力が強く、パウダー(深雪)に有利です。

●とりあえず、安定感がある
面が広いので安定しやすいです。
特に、キッカーやジブのアプローチ、着地で有利です。

●ドラグしづらい(つま先やカカトが雪面にぶつかりづらい)
足が大きかったり、アングルの角度が小さい場合でもドラグしづらいです。

<デメリット>
●エッジの切り替えが難しい(エッジに乗りづらい)
面が広いので切り替えが不利になります。
(直下ってる状態からエッジに乗るにも時間がかかります。)

感覚的に説明すると、エッジが遠く感じるということです。


スノーボードが細いと

<メリット>
●エッジの切り替えが楽(エッジに乗りやすい)
細いので、エッジの切り替えが楽です。
感覚的に説明すると、エッジが近く感じます。

<デメリット>
●細いので、直進安定性が低いです。

●細いので浮力が弱く、パウダー(深雪)で不利です。

●ドラグしやすい(つま先やカカトが雪面にぶつかりやすい)
足が大きかったり、アングルの角度が小さいと、ドラグしやすいです。


サイドカーブとの関係

スノーボードの太さはウエスト幅で図ることが多いですが、サイドカーブのRの大きさでも変わってきます。

例えば、サイドカーブのRが大きい場合、ウエスト幅と一番太い場所の幅の差は少ないです。
逆にサイドカーブのRが小さいと、ウエスト幅と一番太い場所の幅が大きくなります。

そのため、ウエスト幅が同じ場合、サイドカーブのRが小さいスノーボードの方が太いことになります。


スノーボードの長さ

一口にスノーボードの長さといっても3種類あります。
まず、その3種類それぞれの特徴を説明します。


全長

スノーボード全体の長さのことです。
全長の長さによって、パウダー(新雪)時などの、浮力が必要なときの滑りやすさが変わります。


長いと
<メリット>
●パウダーに強い
浮力が強くなるので、パウダーに有利です

<デメリット>
●操作しづらい
重いです。しかも長いので、実際よりも重く感じます。
そのため、操作しづらいです。


短いと
<メリット>
●操作しやすい
軽いです。しかも短いので、実際よりも軽く感じます。
そのため、操作しやすいです。

<デメリット>
●パウダーに弱い
浮力が弱くなるので、パウダーで不利です。


接雪長
スノーボードを置いたときに接雪してる場所の間の長さです。
接雪長の長さによって、エッジに乗っていないときの操作性が変わります。


長いと
<メリット>
●直下り安定性がたかい
雪面に接している箇所が長いので、直下り安定性が高いです。

<デメリット>
●操作しづらい
雪面に接している箇所が長いので、雪面との摩擦が大きく、重く感じます。
また、接雪点が足から遠いのでスノーボードが長く感じます。
そのため、操作しづらいです。


短いと
<メリット>
●操作しやすい
雪面に接している箇所が短いので、雪面との摩擦が小さく、軽く感じます。
接雪点が足から近いので、スノーボードが短く感じます。
そのため、操作しやすいです。

<デメリット>
●直下り安定性が低い
雪面に接している箇所が短いので、直下り安定性が低いです。


有効エッジ長
エッジに乗ったとき(ターン中やサイドスリップ時など)に接雪するエッジの長さです。
有効エッジ長の長さによって、エッジに乗っているときの操作性が変わります。


長いと
<メリット>
●カービング中の安定性が高い
エッジが雪面から外れずらいので、高速カービング中でも安定しやすいです。

<デメリット>
●操作しづらい
エッジが雪面から外れずらいので、重く感じます。
また、接雪してるエッジが長いので、スノーボードが長く感じます。
そのため、操作しづらいです。


短いと
<メリット>
●操作しやすい
エッジが雪面から外れやすいので、軽く感じます。
また、接雪してるエッジが短いので、スノーボードが短く感じます。
そのため、操作しやすいです。


<デメリット>
●カービング中の安定性が低い
エッジが雪面から外れやすいので、高速カービング中での安定性が低いです。


具体的には
わかりづらいと思うので、具体的に説明すると。

例えば、グラトリとフリーランもどっちもやりやすいスノーボードを探すとします。

このとき、全長が短め、接雪長が短め、有効エッジが長めのスノーボードを選べば、グラトリ中は操作しやすく、圧雪時のカービング中はエッジにのってるのである程度の安定感がでます。
でも、パウダー時はつらいです。

また、今使っているスノーボードと同じような操作性で、パウダー用の板を探すとします。

このとき、全長は長め、接雪長・有効エッジ長は今のスノーボードと同じぐらいのスノーボードを選べば、操作性はあまり変わらずに、浮力だけ強めることができます。


スノーボードの長さに付いて総論
通常は全長が長くなれば、接雪長も有効エッジ長も長くなります。
そのため、長いスノーボードは高速滑走向けで、短いスノーボードはグラトリやジブ向けといわれています。

しかし、こだわるとこんな色々な見方があるんです。

ちなみに、この3つの中で一番重要なのは、有効エッジ長だといわれています。
これは、一般的なスノーボーダーは圧雪時にエッジをかけて滑る機会が多いことと、エッジがかかってるときの摩擦が一番重さを感じるからだと思います。


サイドカーブ


サイドカーブの意味
サイドカーブのスペックは、7.6とか8.0とか表現されます。
これの数値は、サイドカーブを構成する円の半径(以下、R)の大きさのことです。

例えば、サイドカーブが7.6と表記されている場合、サイドカーブ(の弧)が、半径7.6mの円の弧となっているという意味です。


Rが大きいと
<メリット>
●直進安定性が高い
Rが9.0の板は、何も考えずにターンすると、半径9.0mのターンになります。
Rが7.0の板は、何も考えずにターンすると、半径7.0mのターンになります。

(実際には、スノーボードのしなり、斜度などで変わりますが。)

そのため、Rが7.0のスノーボードよりRが9.0のスノーボードのほうが曲がりづらいということです。

で、曲がりづらい=直線安定性が高い。です。


●大きなターンがしやすい
前述のとおり、何も考えずターンをした場合、Rが大きい方が大きなターンになります。
なので、大きなターンをしやすいです。


●必要以上に曲がらない
曲がりづらいので、スノーボードの操作をミスっても簡単には曲がりません。
そのため、抜けや着地でミスっても、引っかかったり、変に曲がることが減ります。


<デメリット>
●エッジを使ったスピンがかけずらい(トゥ抜けF/Sスピンを除く)
曲がりづらい=回転力をつけづらい。です。
そのため、エッジで回転力をつけるスピンが難しくなります。


●小さなターンがしづらい
大きなターンがしやすい=小さなターンがしづらいです。


Rが小さいと
<メリット>
●曲がりやすい(小さなターンもやりやすい)
Rが大きいときのメリット「直進安定性が高い」と逆です。


●エッジを使ったスピンがやりやすい(トゥ抜けF/Sスピンを除く)
曲がりやすい=回転力をつけやすい。です。
そのため、エッジで回転力をつけるスピンが楽になります。


<デメリット>
●直線安定性が低い
曲がりやすいので。


●ちょっとしたことで曲がってしまう
曲がりやすいので、スノーボードの操作をミスると簡単に曲がってしまいます。
そのため、抜けや着地でミスると、引っかかったり、予想外の方向へ曲がってしまいやすくなります。


複数のRで構成されているサイドカーブ
サイドカーブの設計が、一種類のRではなく、複数のRを組み合わせて設計されている板もあります。

複数のRを組み合わせたスノーボードのスペックは8.2 7.8 8.2というように表記されることが多いです。
これは、ノーズよりのエッジは半径8.2mのR、真ん中らへんのエッジは半径7.8mのR、テールよりのエッジは半径8.2mのRという意味です。

ノーズ・テール側のRが真ん中らへんのRより大きいのが普通です。

複数のRを組み合わせたサイドカーブはカービングするときに威力を発揮します。

どういうことかというと、以下のような感じです。


【ターン導入時】
サイドカーブが大きいので、スムーズに曲がり始められる。
(サイドカーブが小さいと急に曲がり始める)


【ターン中盤】
サイドカーブが小さいので、楽に曲がることができる。
(サイドカーブが大きいと曲がりづらい)


【ターン終了時】サイドカーブが大きいので、スムーズにターンを終了できる。
(サイドカーブが小さいと最後まで曲がり続けようする力が強いため、ターン終了しづらい)

実際、カービングしてみるとメチャスムーズです。


しかし、デメリットもあります。
エッジを使ったスピンをしようとすると、予想よりも回らないのです。

どういうことかというと。


【踏み切り前】
サイドカーブが小さいところも使っているので、回転力がつきそうな感じがする。


【踏み切り】
オーリーするので、使うエッジはテール側。
しかし、テール側のRは大きいので急に回転力が落ちる。
→予想していた回転力がつかない。という事態に。

正直、結構ビックリします。
(なれちゃえば問題ないのかもしれないですけどね。)


ソールの形状

ソールはパッと見では真っ直ぐに見えますが、普通は真っ直ぐではありません。
ソールの形状は二種類にわけられます。
(実際にはもっと複雑に歪んでたりします。)


コンケーブ
ソールの中央が凹んでいる状態です。

コンケーブ

エッジの切り替えが早くでき、エッジがかみやすいですが、スノーボードの操作が難しいという特徴があります。
一般的には良い状態とは言われてません。

ごくたまに、コンケーブを好む人もいます。


コンベックス
ソールの中央が膨らんでいる状態です。

コンベックス

この膨らみが大きいほどスノーボードの操作が楽になりますが、エッジが引っかかりづらくなります。
ジブやグラトリ用のスノーボードは、特に膨らんでます。


結論

ここまで読んだ方、おつかれさまでした。
でも、結局どんなスノーボードを選べば良いか、いまいちわからなかったと思います。

ですが!

それで全然オッケーです。

スペックだけで、スノーボードの性能はわかりません。
使ってみたら予想と違うことなんてよくあることです。
なので、スノーボードは試乗して選ぶのが確実です。

試乗するスノーボードを選ぶために、ここで読んだ知識を使ってもらえれば良いと思います。


>スノーボードのマニアックな話 -INDEX-
>>スノボーのスー -TOP-