スノーボードのカービングの話|スノボーのスー

カービングのマニアックな話

ここでは、管理人がカービングについて好き勝手に語ります。
なにを隠そう、管理人はカービングマニアです。(笑)

紹介する内容は、レベルも難易度も覚えるべき順番もバラバラです。
(JSBAの資格で言うと、2級ぐらいからA級以上までバラバラです)

初級者には聞き慣れない単語もバシバシ使っちゃいます。

しかも、考え方が変われば削除しちゃう内容もあるかもしれません。

でも、伸び悩んでいる人が上達するためのヒントになると思います。

語りたいことは沢山あるので、気が向いたときに増やしていきます。


ターン中の荷重ポイント

ターン前半(谷回り)はノーズ、ターン中盤は真ん中、ターン後半(山回り)はテールに乗ると言われています。

では、具体的にはどのポイント(点)に乗るのか?
インストラクターでも理解してる人は少ないので、どうすればいいかわからず悩んでる方も多いと思います。

そこで、鈴木 卓郎の荷重ポイントを紹介します。

鈴木 卓郎の場合、数年前まで、以下のポイントに荷重していました。


変更前
<バックサイド>
ターン導入:前足の踵の外側
ターン終了:後足の踵の外側

<フロントサイド>
ターン導入:前足の小指の外側
ターン終了:後足の小指の外側

これを最近以下のように変えました。


変更後
<バックサイド>
ターン導入:前足の踵の内側
ターン終了:後足の踵の内側

<フロントサイド>
ターン導入:前足の拇指球
ターン終了:後足の拇指球


変更前は、上手くいくとかなり調子良いんですけど、ミスったときのリカバリーが大変だったのですが、変更後は、上手くいってもそれなりですが、ミスったときのリカバリーが楽になりました。
検定、大会などで転んでしまう癖のある人へ、特にオススメの荷重ポイントです。


例えば、ターン導入時に予想以上に雪面が柔らかく、ノーズが詰まったとします。

このとき、変更前の荷重ポイントだと、ノーズが詰まった瞬間に、重心が前に行き過ぎてしまい、バランスを崩しやすくなります。
しかし、変更後の荷重ポイントだと、ノーズが詰まっても耐えることができます。

ターン終了も同様で、何かの外的要因でバランスを崩しそうになったときに、耐えやすい所に過重ポイントを変えたということです。

本当は雪面状況に合わせて荷重ポイントを変えた方がいいんでしょうけどね。
そのレベルに達するのはなかなか難しいです。


足首の使い方

FSターンのときは足首を伸ばして、BSターンのときはつま先を上げるって教わった人はいませんか?

間違いではありませんが、レベルが上がってきたら違う使い方を試してみても良いと思います。

ちなみに、このサイトの「基本動作」の項目で紹介してる足首の使い方は、初心者向けなので、これとも違います。

答えは簡単。

「FSもBSも足首は固定したまま」です。

滑っている間に足首を動かす場合、足首を動かしている間は足首が固定されていないのでスノーボードを押さえる力が弱まり、安定感が減ります。
そのため、足首を動かすことを出来るだけ減らした方が良いのです。

足首を固定したままであれば、足首を動かさないので、常にスノーボードを押さえておくことが出来ます。

ここで出てくる問題が、足首を固定したままで角付けできるのか?ということですが、


できます。バッチリできます。


ちょっと考えてみると当たり前なのですが、ハイバックの角度以上に足首を伸ばすことはできません。
また、ハイバックを傾ければBSの角付けができるので、足首を使ってBSの角付けをする必要もありません。

ですので、FSで足首がつぶれないように、BSでふくらはぎがハイバックから離れないように足首に力をいれて固定していれば、FSとBSで足首の使い方を変える必要はないのです。

ぜひ、試してみてください。


立ち上がるタイミング

立ち上がり系で滑ってる人で、立ち上がるタイミングについて悩んでいる人が多いと思います。
切り替えようと思ったときに立ち上がる人がいますが、それでは上手く行きません。

そこで、立ち上がるタイミングについて語りたいと思います。


抜重する目的

始めに、抜重する目的を整理します。
なんのために抜重するかというと、エッジを切り替えるためです。

エッジに荷重されたままだと、切り替えるのが難しいので、抜重して、エッジに乗っている重さがなくなったときに切り替えよう!ってことです。


抜重されるタイミング

抜重が起こるタイミングについて勘違いしてる人が意外と多いようです。

抜重は立ち上がり終わった瞬間に起こります。
立ち上がり始めから、立ち上がり終わる直前までの間は抜重されてません。

では、その間はどうなっているのかというと、加重されているんですね。


いつどうやって立ち上がる?
前述の2項目の理由から、切り替えるタイミングと立ち上がり終わった瞬間が同時期になるように、前もって立ち上がり始めないといけないわけです。

時系列で整理すると以下のようにやります。

ターン前半:しゃがみ込み加重
ターン中盤:しゃがみ込み加重
ターン後半:立ち上がりながら加重
切り替え時:抜重(立ち上がり終了)

立ち上がり抜重しゃがみ込み加重なんて言われますが、ターン後半は立ち上がりながら加重するんです。









>スノーボードのマニアックな話 -INDEX-
>>スノボーのスー -TOP-