スノーボードでジャンプ:トゥイーク | スノボーのスー

トゥイーク

スノーボードでジャンプ台の飛び方(ストレート編)。
今回のテーマはトゥイークです。

メソッドしながらB/Sシフティすることをトゥイークといいます。

スタイリッシュなトリックの代表と言ったらトゥイークと言われるぐらい、特徴のあるトリックです。
また、人それぞれ違うスタイルになったり、色々なアレンジができたりする多様性もスタイリッシュなトリックとされている理由の一つだと思います。

グラブするだけではトゥイークとは言わないので、難易度は高めです。

<トゥイーク>
(ライダー:鈴木 卓郎

準備

地上で何度もグラブしてみて、グラブする位置を確認しておいて下さい。
スノーボードを見なくてもグラブ出来るようになっておくとより良いです。
空中姿勢も練習しておきましょう。

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
ジャンプの基本(ノーグラブ)
バックサイドシフティ

【出来ると役立つトリック】
以下のトリックをマスターしておくと、このトリックを覚えるのに役立ちます。
メランコリーグラブ
メソッド

空中でやることが多いので、滞空時間が少ないジャンプ台だとちょっと厳しいです。

やり方

<グラブする場所>
左手で左膝の後ろを通して、両足間のヒールエッジ側をグラブします。



1)踏み切りまではノーグラブと一緒
どちらのエッジにもかからないように、スノーボードを真っ直ぐにして軽くオーリーするのが基本ですが、うっすらとヒールエッジで踏み切っても良いです。





2)両膝を引き上げながら、右手を前に出し、お尻をランディング方向に向けてバックサイドにシフトする
ソールをランディング方向にむけるように膝を曲げます。
(膝を胸に付けるように引き上げるとやりづらくなります)
左肩を引くとよりシフトしやすくなります。




3)左手で両足間のヒールエッジ側をグラブする



4)右手をもっと前につきだしながら、右足をランディング方向に押し出す
1)でヒールエッジで踏み切りながら2)でお尻をランディング方向に向けるようにジャンプすると、1)で真っ直ぐ抜けるより体がねじれているように見せられます。




5)体のひねりと右足を元にもどしながら、グラブをはなす





6)フロントサイドに少しシフトする
1)でヒールエッジで踏み切りながら2)でお尻をランディング方向に向けるようにジャンプした場合、B/S側にちょっと回ってると思います。
そのため、フロントサイドにシフトしてスノーボードをランディングに合わせる必要があります。
1)で真っ直ぐ抜けた場合はそのままでオッケーです。


7)着地に備えて両足を伸ばす



8)膝で衝撃を吸収しながら着地
結構回ってしまって、6)でたくさんシフトしている場合は体勢が辛いですが、耐えましょう。





ポイント!
お尻をランディング方向に向ける
スノーボードのソールをランディング方向に向ける意識より、お尻を向ける意識でひねった方がひねりやすいです。


右手を前につきだす
右手を前につき出さないとシフトできません。
同時に左肩を引くともっとひねることができます。


普段から柔軟体操をしておく
体が固い人には結構辛い体勢なので、普段から体を柔らかくしておきましょう。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでジャンプ(ストレート編) -INDEX-
>>スノーボードでジャンプ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-