スノーボードでジャンプ:スイッチストレート | スノボーのスー

スイッチストレート

スノーボードでジャンプ台の飛び方(ストレート編)。
今回のテーマはスイッチスタンスでのストレート(ノーグラブ)です。

やり方はメインスタンスのジャンプの基本(ノーグラブ)とまったく一緒です。
しかし、スイッチ独特の注意点があるので、そのあたりに重点を置いて説明します。

なお、スイッチ独特の注意点はピンクで記述します。
スイッチで飛ぶときの注意点も参考にしてください。

<スイッチストレート>
(ライダー:鈴木 卓郎

準備

スイッチランの滑走能力にかなり影響されるので、スイッチスタンスで滑り込んでおきましょう。

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
スイッチオーリー

やり方

1)アプローチに入る前に、イメージする
綺麗にキッカーを飛ぶイメージをします。
うまくイメージできない時は、ミスする可能性が高いので、ちゃんとイメージができてから飛びましょう。


2)アプローチする
以下のことに気をつけてアプローチします。
・基本姿勢か、それより低い姿勢で
・アプローチ中は常にリップを見たまま
・スノーボードは真っ直ぐのまま
・どちらのエッジにも乗らないようにスノーボードをフラットにする
・両足均等に体重がのるように、スノーボードの真ん中に乗る

基本姿勢が崩れやすいので、スイッチスタンスの基本姿勢になることを意識して下さい。
骨盤を右つま先が向いている方向と同じ方向に向けること、右肩を開くことを特に意識しましょう。
ダックスタンスじゃない場合や、右足のマイナス角度が小さい場合は、骨盤と右肩を右足の角度よりも多めに開いても良いです。


3)オーリーの準備
リップでタイミング良く踏み切きれるように、リップまでの距離とスピードを計算してオーリーするタイミングをはかります。

右足に体重がかかりやすいので、真ん中に乗るように意識して下さい。
骨盤が後ろを向いていたり右肩が閉じていると、より右足に体重がかかりやすくなるので注意してください。



4)オーリーしはじめる
オーリーは軽くで十分です。
オーリーの強さよりタイミングを重視して下さい。
右足で踏み切ってしまいやすいので、左足で踏み切ることをしっかり意識して下さい。




5)タイミング良く踏み切る
リップに右足が差し掛かった辺りで踏み切り終わるとベストです。
踏み切るまで、リップを見ておきます。




6)両膝を引き上げる
空中にでたら、両膝を胸に付けるように引き上げます。
空中ではランディング(着地点)を見ます。
空中でも、しっかり意識しないと骨盤の向きが後ろを向いて右肩が閉じやすいので、注意してください。



7)そのまま飛んでいく
ランディングは見続けます。



8)ランディングにスノーボードと体を合わせる
着地前に、ランディングの斜度にスノーボードと体を合わせるようにします。



9)足を伸ばす



10)膝で衝撃を吸収して着地
右足に体重がかかりやすいので、体重が左足寄りになるように意識して着地します。
着地時も姿勢が崩れやすいので、骨盤の向きと右肩に注意しましょう。





11)ランディングを抜けるまで油断しないで滑る
着地直後は転びやすいので、油断しないようにしましょう。


ポイント!
しっかり基本姿勢を意識する
特に、骨盤と右肩を開くことを意識してスイッチスタンスの基本姿勢を作りましょう。


スノーボードの真ん中に乗る
右足に体重がかかりやすいので、スノーボードの真ん中に乗るように意識しましょう。


左足で踏み切るように意識する
右足で踏み切ってしまいやすいので、左足で踏み切るように意識しましょう。
スイッチオーリーをマスターしていても、スイッチでジャンプ台を飛び慣れていないと緊張して右足で踏み切りやすいので油断しないで、しっかり意識して下さい。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでジャンプ(ストレート編) -INDEX-
>>スノーボードでジャンプ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-