スノーボードでジャンプ:スイッチステイル | スノボーのスー

スイッチステイルフィッシュ

スノーボードでジャンプ台の飛び方(ストレート編)。
今回のテーマはスイッチスタンスでのステイルフィッシュグラブです。

フロントサイドにシフトしながらノーズボーンしてます。
ちょっと珍しいスタイルの入れ方だと思います。
メインスタンスでの、トゥイーク、メソッドをマスターしておくと覚えやすいです。

<スイッチステイルフィッシュ>
(ライダー:鈴木 卓郎

準備

地上でグラブする位置と空中姿勢を確認しておいて下さい。
スイッチランの滑走能力にかなり左右されるので、スイッチスタンスで滑り込んでおきましょう。

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
スイッチストレート

【出来ると役立つトリック】
以下のトリックをマスターしておくと、このトリックを覚えるのに役立ちます。
メソッド
トゥイーク

やり方

<グラブする場所>
左手でスノーボードのヒールエッジ側(両足間)ををグラブします。



1)踏み切りまではノーグラブと一緒
どちらのエッジにもかからないように、スノーボードを真っ直ぐにして軽くオーリーします。





2)左カカトをお尻に近づけるように意識しながら、両膝を引き上げる
膝をできるだけ引き上げて下さい。



3)右手を左前方に引き上げる
右手を引き上げることで、左手でグラブしやすくなります。
また左前方向に出すのは、フロントサイドにシフト(上半身は反時計回り、下半身は時計回り)して、スタイルを出すためです。



4)左手で両足間のヒールエッジ側をグラブする
左足のカカトをお尻に近づけるようにしてあると結構簡単に掴めます。



5)右手と右肩をもっと引き上げながら、右腰を前に突き出すようにし、右足を伸ばす




6)体の反り、ひねりと左足を元にもどしながら、グラブをはなす




7)着地に備えて両足を伸ばす



8)膝で衝撃を吸収しながら着地




ポイント!
飛ぶまでは、スイッチストレートと一緒
グラブを意識しすぎると、飛ぶ前からグラブしようと体が動いてしまい、ミスする原因になります。
綺麗に飛んだことを確認してから、グラブしましょう。


左カカトをお尻に付けるように膝を引き上げる
上手く引き上げると結構簡単にグラブできます。


右腰を前に突き出すようにスタイルをだす
体を反らせるように意識するより、腰を突き出すように意識した方が上手く反らせられます。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでジャンプ(ストレート編) -INDEX-
>>スノーボードでジャンプ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-