スノーボードでジャンプ:ローストビーフ | スノボーのスー

ローストビーフ

スノーボードでジャンプ台の飛び方(ストレート編)。
今回のテーマはローストビーフです。
右手を股の下を通して、ヒールエッジをグラブするトリックです。

結構特殊なトリックで、難易度は高いです。

フロントサイドにシフトしながらテールボーンしてます。
シフトもボーンも好みなのでやらなくても良いのですが、シフトしたほうが簡単です。
ボーンは好みです。

<ローストビーフ>
(ライダー:鈴木 卓郎

準備

地上でグラブする位置を確認しておいて下さい。
空中姿勢も練習しておきましょう。

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
ジャンプの基本(ノーグラブ)
フロントサイドシフティ(シフトしないならできなくてもオッケーです。)

【出来ると役立つトリック】
以下のトリックをマスターしておくと、このトリックを覚えるのに役立ちます。
ステイルフィッシュグラブ

やり方

<グラブする場所>
右手を前から股の下を通して、スノーボードのヒールエッジ側(両足間)をグラブします。


1)踏み切りまではノーグラブと一緒
どちらのエッジにもかからないように、スノーボードを真っ直ぐにして軽くオーリーします。





2)スノーボードをフラットにしたまま(ソールを下に向けたまま)、両カカトをそれぞれの太ももの後ろに近づけるように意識しながら、両膝を胸に付けるように引き上げる
グラブする位置までが遠いので、膝をしっかり引き上げて下さい。
カカトを太ももの裏に近づけるようにしても、ソールを下に向けたまま両膝を胸に引きつけるので、実際にはカカトは太ももの裏に近づいていきません。



3)2)をしながら左手を右前方に引き上げ、右足を右前方向に出してF/Sにシフトする
シフトするためと、右手でグラブしやすくするために左手を右前上方向に引き上げます。
下半身は反時計回りに回してシフトします。
この時点でのシフトは、少しで良いです。




4)右手を股の間を通して、両足間のヒールエッジ側をグラブする
2)でカカトを太ももの後ろに近づけるように膝を引き上げていれば、普通に引き上げるより前側にスノーボードがあるはずです。
自分の前側にスノーボードが引き上がっていれば、股の間を通してヒールエッジが掴めます。
ただし膝の引き上げが不十分だったり、3)のシフトが上手くできていないと届きません。



5)左手と左肩をもっと右上方向に、右腰を後ろに引き、右足を前方に伸ばす
4)で、できるだけ左足寄りをグラブしておいた方がテールボーンしやすくなります。




6)体のひねりと右足を元にもどしながら、グラブをはなす





7)着地に備えて両足を伸ばす



8)膝で衝撃を吸収しながら着地




ポイント!
飛ぶまでは、ジャンプの基本(ノーグラブ)と一緒
グラブを意識しすぎると、飛ぶ前からグラブしようと体が動いてしまい、ミスする原因になります。
綺麗に飛んだことを確認してから、グラブしましょう。


膝をしっかり引き上げる
膝を引き上げるほど、グラブが楽になります。


カカトを裏モモに寄せるように膝を引き上げる
スノーボードをフラットにしたまま(ソールを下に向けたまま)カカトを裏モモに近づけようとすることで、スノーボードが自分の前側に引き上がります。
上手く自分の前側に引き上がればステイルフィッシュよりも簡単にグラブできますが、普通に引き上がってしまったらかなり難しくなります。

自分の前側にスノーボードが引き上がれば、カカトを裏モモに寄せるイメージじゃなくてもオッケーです。


左手を右前方向に引き上げる
グラブしやすくするため、シフトするために必要です。


右腰を引く
テールボーンするために、本当は右手を引きたいのですが、右手はグラブしているので、右腰を引いて代用します。


注意!
右手が届かなそうな時は無理にグラブしない
届かなそうなのは、膝の引き上げ、シフト、左手の引き上げが足りないのが原因です。
無理に手を伸ばしてグラブしようとするとバランスを崩します。


解説
ローストビーフは、手からグラブする位置までが遠いので、普通にグラブすることが難しいです。
その為、シフトした方が楽にグラブできます。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでジャンプ(ストレート編) -INDEX-
>>スノーボードでジャンプ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-