スノーボードでジャンプ:ミュートグラブ | スノボーのスー

ミュートグラブ

スノーボードでジャンプ台の飛び方(ストレート編)。
今回のテーマはミュートグラブです。

インディグラブと同じくらい難易度が低いので、こっちを先に覚えても良いと思います。
ただし、インディグラブよりもミスしたときの危険度が高いので、インディを覚えてからチャレンジすることをおすすめします。

ここでは、スタイルを出すために、フロントサイドにシフトしながらテールボーンしてます。
シフト、テールボーンは好みなので、やらなくても良いです。

<ミュートグラブ>
(ライダー:鈴木 卓郎

準備

地上で何度もグラブしてみて、グラブする位置を確認しておいて下さい。
スノーボードを見なくてもグラブ出来るようになっておくとより良いです。
空中姿勢も練習しておきましょう。

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
ジャンプの基本(ノーグラブ)
フロントサイドシフティ(シフトしないならできなくてもオッケーです。)

やり方

<グラブする場所>
左手でスノーボードのトゥエッジ側(両足間)をグラブします。



1)踏み切りまではノーグラブと一緒
どちらのエッジにもかからないように、スノーボードを真っ直ぐにして軽くオーリーします。





2)両膝を胸に付けるように引き上げる
膝をできるだけ引き上げて下さい。



3)右手を後ろ上に引き上げる
シフトするためと、左手でグラブしやすくするために右手を後ろ上方向に引き上げます。
下半身は反時計回りに回してシフトします。
この時点でのシフトは、少しで良いです。



4)左手で両足間のトゥエッジ側をグラブする
左足寄りをグラブするとテールボーンしやすいです。



5)右手と右肩をもっと後ろに引き上げながら、右足を前下方向に伸ばす



6)右手、右肩、右足、シフトを元にもどしながら、グラブをはなす




7)着地に備えて両足を伸ばす



8)膝で衝撃を吸収しながら着地





ポイント!
飛ぶまでは、ジャンプの基本(ノーグラブ)と一緒
グラブを意識しすぎると、飛ぶ前からグラブしようと体が動いてしまい、ミスする原因になります。
綺麗に飛んだことを確認してから、グラブしましょう。


膝をしっかり引き上げる
膝を引き上げるほど、グラブが楽になります。


右手を引き上げる
グラブしやすくするため、テールボーンするために必要です。
同時に後ろに引いているのはシフトするためです。


注意!
左手が届かなそうな時は無理にグラブしない
届かなそうなのは、膝の引き上げ、右手の引き上げが足りないのが原因です。
無理に手を伸ばしてグラブしようとするとバランスを崩します。
ミュートグラブは簡単なグラブですが、無理に掴みにいくと怪我する可能性が高いグラブなので気をつけて下さい。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでジャンプ(ストレート編) -INDEX-
>>スノーボードでジャンプ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-