スノーボードでジャンプ:メソッド | スノボーのスー

メソッド

スノーボードでジャンプ台の飛び方(ストレート編)。
今回のテーマはメソッドです。

メソッドはスノーボードを背中方向に持ち上げるように膝を曲げて、左手で両足間のヒールエッジ側をグラブするトリックで、グラブする位置はメランコリーグラブと一緒です。

ジャンプ初級者定番のトリックです。

しかし!

残念ながら、キッカーでのメソッドはあまりかっこよくありません。
(もともと、パイプのトリックなので)
上級者がやっているときはネタだと思って間違いないです。

ここではこのメソッドのやり方を説明しますが、出来るだけかっこよく見えるやり方を説明します。
メソッドのくせにちょっと難しいやり方ですが、カッコ悪いメソッドを紹介してもしょうがないので、参考にして下さい。

<メソッド>
(ライダー:鈴木 卓郎

準備

地上で何度もグラブしてみて、グラブする位置を確認しておいて下さい。
スノーボードを見なくてもグラブ出来るようになっておくとより良いです。
空中姿勢も練習しておきましょう。

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
ジャンプの基本(ノーグラブ)

やり方

<グラブする場所>
左手で左膝の後ろを通して、両足間のヒールエッジ側をグラブします。



1)踏み切りまではノーグラブと一緒
どちらのエッジにもかからないように、スノーボードを真っ直ぐにして軽くオーリーします。





2)カカトをお尻に近づけるようにしながら、両膝を引き上げる
カカトをお尻に近づけるようにすると、この後に体を反らせやすくなります。




3)左手で両足間のヒールエッジ側をグラブする



4)右手を上げながら、下っ腹を前に突き出すようにして背中を反らせる
背中を反らせようとするより、下っ腹を前に突き出すことを意識した方がやりやすいです。





5)体の反りを戻しながら、グラブを離す





6)着地に備えて両足を伸ばす



7)膝で衝撃を吸収しながら着地




ポイント!
飛ぶまでは、ノーグラブと一緒
グラブを意識しすぎると、飛ぶ前からグラブしようと体が動いてしまい、ミスする原因になります。
綺麗に飛んだことを確認してから、グラブしましょう。


しっかり膝を引き上げてグラブする
グラブしてからスタイルを作るので、しっかり膝を引き上げないと手が届きません。


右手を思いっきり上げる
「先生、はーいっ!」って感じてしっかり上げると反り易いです。


下っ腹を前に突き出すようにして、背中を反らせる
背中を反らせようと意識すると反らせづらいので、下っ腹を前に突き出すことを意識しましょう。


解説
どんな形のメソッドでも良いなら、スノーボードを背中側に持ち上げて、背中を反らせてからグラブした方が簡単です。
ここでは、かっこよく見せるためにグラブしてから反るやり方で説明しています。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでジャンプ(ストレート編) -INDEX-
>>スノーボードでジャンプ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-