スノーボードでジャンプ:メランコリー | スノボーのスー

メランコリーグラブ

スノーボードでジャンプ台の飛び方(ストレート編)。
今回のテーマはメランコリーグラブです。
ヒールエッジ側をつかむので難しそうに見えますが、基本姿勢がしっかりできていれば、比較的簡単にできます。

<メランコリーグラブ>
(ライダー:鈴木 卓郎

準備

地上で何度もグラブしてみて、グラブする位置を確認しておいて下さい。
スノーボードを見なくてもグラブ出来るようになっておくとより良いです。
空中姿勢も練習しておきましょう。

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
ジャンプの基本(ノーグラブ)

やり方

<グラブする場所>
左手でスノーボードのヒールエッジ側(両足間)ををグラブします。



1)踏み切りまではノーグラブと一緒
どちらのエッジにもかからないように、スノーボードを真っ直ぐにして軽くオーリーします。





2)両膝を胸に付けるように引き上げる
ふとももが胸につくぐらいまで引き上げて下さい。
右手を引き上げると、グラブがしやすくなります。
写真ではしっかり膝を引き上げているので、右手を上げなくてもグラブが届いています。




3)左手で両足間のヒールエッジ側をグラブする



4)グラブしたまま飛んで行く
ここでは特にスタイルを入れてませんが、右手を引き上げながら左足を伸ばしてノーズボーンしてもカッコイイです。




5)着地に備えて両足を伸ばす




6)膝で衝撃を吸収しながら着地





ポイント!
飛ぶまでは、ジャンプの基本(ノーグラブ)と一緒
グラブを意識しすぎると、飛ぶ前からグラブしようと体が動いてしまい、ミスする原因になります。
綺麗に飛んだことを確認してから、グラブしましょう。


基本姿勢
正しく基本姿勢ができていれば、膝を引き上げるだけで、左手がヒールエッジの近くにきます。
上半身が閉じた姿勢(真横を向いた姿勢)をとっている場合は、グラブする位置が遠くなり、難しくなります。


膝をしっかり引き上げる
膝を引き上げるほど、グラブが楽になります。


右手を引き上げる
グラブしやすくするために必要です。


注意!
左手が届かなそうな時は無理にグラブしない
届かなそうなのは、膝の引き上げ、右手の引き上げが足りないのが原因です。
無理に手を伸ばしてグラブしようとするとバランスを崩します。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでジャンプ(ストレート編) -INDEX-
>>スノーボードでジャンプ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-