スノーボードでジャンプ:ダブルグラブ(インディ&メロン) | スノボーのスー

ダブルグラブ(インディ&メランコリー)

スノーボードでジャンプ台の飛び方(ストレート編)。
今回のテーマはダブルグラブです。

ダブルグラブとは2カ所を同時にグラブするトリックのことです。

ここではインディとメランコリーのダブルグラブを紹介します。

<ダブルグラブ(インディ&メランコリー)>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

地上でグラブする位置を確認しておいて下さい。
特に、膝をどこまで引き上げる必要があるかしっかり確認しておきましょう。

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
ジャンプの基本(ノーグラブ)
インディグラブ
メランコリーグラブ

やり方

1)踏み切りまではノーグラブと一緒
どちらのエッジにもかからないように、スノーボードを真っ直ぐにして軽くオーリーします。





2)両膝を胸に付けるように引き上げる
ふとももが胸につくぐらいまで引き上げて下さい。
両手でグラブするので、膝がしっかり引き上がっていないと手が届きません。




3)左手で両足間のヒールエッジ側を、右手で両足間のトゥエッジ側をグラブする
基本姿勢がしっかり出来ていて、上半身の向きがブレずに膝を引き上げていれば、左手がヒールエッジに、右手がトゥエッジに近づきます。
そこで、左手でヒールエッジの両足間を、右手でトゥエッジの両足間をグラブします。

無理に手を伸ばしても届かないので、手の位置までスノーボードを引き上げる(膝を引き上げる)意識を持ちましょう。



4)グラブしたまま飛んで行く





5)グラブを離す
着地が近づいてきたら、グラブしていた手を離して着地する準備をします。



6)着地に備えて両足を伸ばす




7)膝で衝撃を吸収しながら着地





ポイント!
飛ぶまでは、ジャンプの基本(ノーグラブ)と一緒
グラブを意識しすぎると、飛ぶ前からグラブしようと体が動いてしまい、ミスする原因になります。
綺麗に飛んだことを確認してから、グラブしましょう。


基本姿勢
正しく基本姿勢ができていれば、膝を引き上げるだけで、ヒールエッジが左手に、トゥエッジが右手にの近寄ります。
上半身が閉じた姿勢(真横を向いた姿勢)をしている場合は、グラブする位置が遠くなり、難しくなります。


膝をしっかり引き上げる
ダブルグラブの場合、グラブしない方の手を使ってグラブする手を届きやすくすることが出来ません。
そのため、しっかり膝を引き上げないと手が届きません。
グラブすることよりも膝をしっかり引き上げることが先決です。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでジャンプ(ストレート編) -INDEX-
>>スノーボードでジャンプ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-