スノーボードでジャンプ:2グラブ(メロンtoインディ) | スノボーのスー

2グラブ(メランコリーtoインディ)

スノーボードでジャンプ台の飛び方(ストレート編)。
今回のテーマは2グラブ(ツーグラブ)です。

2グラブとは2カ所をグラブするトリックのことです。
ダブルグラブは2カ所同時にグラブしますが、2グラブは2カ所を別々のタイミングでグラブします。

ここではメランコリーの後にインディをする2グラブを紹介します。

<2グラブ(メランコリーtoインディ)>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

地上でグラブする位置を確認しておいて下さい。
特に、膝をどこまで引き上げる必要があるかしっかり確認しておきましょう。

時間がかかるトリックなので、小さなキッカーでやるのは厳しいです。

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
ジャンプの基本(ノーグラブ)
インディグラブ
メランコリーグラブ

やり方

1)踏み切りまではノーグラブと一緒
どちらのエッジにもかからないように、スノーボードを真っ直ぐにして軽くオーリーします。





2)踏切ったら素早く、両膝を胸に付けるように引き上げる
エアのピーク(一番高いところ)までにメランコリーグラブをするために、踏切り終わったら素早く膝を引き上げていきます。

ふとももが胸に付くぐらいまで、しっかり引き上げて下さい。
右手・右肩の引き上げを使えないので、膝がしっかり引き上がっていないと左手がスノーボードまで届きません。

ちゃんと踏切らずに膝を引き上げようとすると高さが出なくなるので、あせらずしっかり踏切ってから膝を引き上げ始めてください。




3)左手で両足間のヒールエッジ側をグラブする
右手・右肩を引き上げずに(下げたまま)、メランコリーグラブをします。

無理に手を伸ばしてグラブしようとするとバランスを崩したり、インディグラブに繋がらなくなったりするので、手の位置までスノーボードを引き上げる(膝を引き上げる)意識を持ちましょう。




4)インディグラブをする
エアのピークあたりで、インディグラブ(右手で両足間のトゥエッジ側をグラブ)をします。
しっかり膝を引き上げてメランコリーグラブをしていれば、結構簡単にグラブ出来るはずです。

左足寄りをグラブするとノーズボーンしづらくなるので、ちょっと右足寄りをグラブしましょう。



5)左手・左肩を引き上げながら、左足を伸ばしてノーズボーンする
メランコリーグラブを離し、左手・左肩を後ろ上方向に引き上げながら左足を前下方向に伸ばしてノーズボーンします。

ノーズボーンはしなくても良いのですが、何もしないとダブルグラブの失敗にも見えてしまうので、スタイルを入れることをオススメします。





6)ノーズボーンを止めながら、グラブを離す
着地が近づいてきたら、右足を曲げてノーズボーンを止めながらグラブを離します。




7)着地に備えて両足を伸ばす




8)膝で衝撃を吸収しながら着地





ポイント!
飛ぶまでは、ジャンプの基本(ノーグラブ)と一緒
グラブを意識しすぎると、飛ぶ前からグラブしようと体が動いてしまい、ミスする原因になります。
綺麗に飛んだことを確認してから、グラブしましょう。


しっかり踏み切る
メランコリーグラブに意識が行き過ぎて、踏み切りがおろそかになりやすいです。

しかし、踏み切りがおろそかになると高さが低くなって滞空時間が減り、スノーボードの反発を利用した膝の引き上げも出来なくなるため、結局トリック自体が難しくなってしまいます。

なので、しっかり踏み切ってからグラブしに行くように心がけてください。


膝をしっかり引き上げる
初めはただのメランコリーグラブですが、次のインディグラブに繋げやすくするために、右手・右肩の引き上げを使いません。
そのため、しっかり膝を引き上げないと左手がスノーボードまで届きません。
グラブすることよりも、膝をしっかり引き上げることをまず意識して下さい。

なお、右手・右肩の引き上げを使ってメランコリーグラブしてからインディグラブに繋げても良いのですが、そちらの方が難しくなります。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでジャンプ(ストレート編) -INDEX-
>>スノーボードでジャンプ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-