スノーボードでジャンプ:F/S180 (ヒール抜き)| スノボーのスー

F/S180(ヒール抜け)

スノーボードでジャンプ台の飛び方(スピン編)。
今回のテーマはヒール抜けのF/S180(フロントサイド180)です。
反時計回り(グーフィーの場合は時計回り)に180度回ります。

基本的にはグラトリのF/S180(ヒール抜け)と同じなので、グラトリのF/S180(ヒール抜け)をマスターしていれば、覚えるまでにあまり時間はかからないと思います。

<F/S180(ヒール抜け)>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

スイッチで着地するので、スイッチスタンスで滑り込んでおいてください。
スイッチランの滑走能力が高いほど、メイクしやすいです。

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
ジャンプの基本(ノーグラブ)
グラトリでのF/S180(ヒール抜け)レベル2

基本的な知識、動作についてはグラトリでのF/S180(ヒール抜け)レベル2に詳しい解説をしているので、まだ読んでない人は一度目を通しておいてください。

やり方

1)イメージする
綺麗にF/S180(ヒール抜け)をするイメージをします。
アプローチから着地までの全体をイメージしてください。
スピンすることだけでなく、ジャンプの滞空時間と、その滞空時間でちょうど良く回り切る回転スピードもイメージしましょう。

リップを抜ける瞬間から90度回っている所までのイメージが特に重要です。
180度ピッタリスピンする必要はないので、150度ぐらいスピンするイメージを作ってください。


2)うっすらとトゥエッジに乗りながらリップの右側に向かってアプローチする
グラトリと違って飛ぶ方向が決まっているので、ちゃんとランディング方向に飛ぶように調節して下さい。

左に曲がりながら飛ぶことになるので、一度軽く右に振ってS字を描くようにリップに向かうと良いです。
それでも、ほとんどの人はちょっと左方向に飛ぶので、リップの右寄りから飛びましょう。

アプローチ中はリップの自分が抜けるポイント(抜けようと狙っている場所)を見ておきます。

<アプローチの取り方>



3)うっすらとヒールエッジに乗りながら、オーリーするために低い姿勢になっていき、肩を軽く右に回してタメを作る
ヒールエッジに乗るのはホントうっすら(ほとんど真っ直ぐ)です。

また、先行動作をするためのタメをつくるために、右手・右肩を後ろに引きながら左手・左肩を閉じて(右に向けて)肩を右に回します。
ただし、滞空時間が長いのでグラトリのF/S180ほどタメを作る必要はないです。

怖がっていると腰が引けやすいので、腰が引けないように注意して下さい。



4)スピンするための先行動作をしながらカカト側で軽くオーリーする
スピンするための先行動作として、「左手・左肩を左上方向に開きながら右手・右肩を前上方向に出すようにして」肩を左に回し、左膝を開くようにしながら、左膝と左足を左上方向に引き上げます。

肩を水平に回すように意識してください。
肩が斜めになると回転軸も斜めになってしまいます。

先行する箇所が多いと混乱する人は、肩を回すことに重点を置いて先行してください。
しかし、普段からグラトリで左膝、左足を使って先行するF/S180をしていれば、それらの箇所もある程度勝手に動くと思います。

同時に、右足のカカト側で軽く踏み切ってオーリーします。
ヒールエッジに乗り過ぎると左に飛んでしまうので気をつけて下さい。

オーリーがかからないと回転力が付きづらいので、軽くでいいのでちゃんとオーリーをかけましょう。
踏み切り終わったときにテールが反発するのが感じられたらベストです。




5)リップに右足がかかった辺りで踏み切り終わる
右足がリップに差しかかった所で踏み切り終わります。
焦って早く踏み切らないように、しっかりタイミングを見計らって下さい。
右足の薬指と小指の間がリップにかかったところで踏み切り終わるのがベストタイミングですが、踏み切り終わるのがそれよりも遅くなるとマクられてしまうので注意してください。

踏み切り終わる瞬間までリップを見たままです。
右足がリップを通過する瞬間を見届けるぐらいの意識を持ちましょう。
目線がリップから外れるのが早いと、踏み切るタイミングが早くなってしまう原因になります。

リップでの肩の開きは、飛ぶ方向に対して45度ぐらいを目安にしてください。
(大きなキッカーで飛ぶときや、回転力をつける技術のレベルが上がれば、肩を開く角度は少なくなります。)




6)リップを抜けたら目線を着地点へ向け、膝を軽く引き上げる
目線は着地点に向けます。
オーリーがちゃんとかかると、楽に膝を引き上げられます。



7)90度あたりまで先行動作をしていく
90度ぐらい回るまで、左手・左肩を開きながら右手・右肩を前に出し、左膝を開いてスピンを引っ張っていきます。
回りながら、着地点までの距離を確認しておきます。




8)90度ぐらい回ったら先行動作を止め、ランディングにスノーボードを合わせていく
着地するタイミングに合わせて「右手・右肩を後ろに引きながら左手・左肩を前に押し出して」上半身を右に回し、「左足を曲げるようにして後ろに引きながら右足を伸ばしながら前に出して」下半身を左に回し、スノーボードの向きを着地に合わせます。

四肢を動かす余裕が無い人は、右手・右肩を後ろに引きながら右足を前に出して上半身と下半身をひねり、スノーボードの向きを着地に合わせてください。

重心の位置が少し後ろ(真ん中よりもちょっと左足寄り)で着地するようにします。
(この時点から急に重心を後ろにしようとしても出来ないので、初めからちょっと後ろ重心で着地するように狙って飛んでください。)

そして、進行方向に対して骨盤を開いて(スイッチスタンスの基本姿勢と同じようにして)、右足を伸ばし気味に、左足を曲げた姿勢にしていきます。
骨盤の向きが後ろを向きやすいので、注意してください。






9)上半身と下半身がねじれた姿勢で着地
足りない30度分、体をひねってスノーボードの向きを合わせているので、進行方向に対して上半身が右に開いています。

着地時の衝撃は膝で吸収してください。

基本的には、フラット(どちらのエッジにも乗らない)か、ほんのちょっとヒールエッジに乗って着地します。
ただし、ヒールエッジに乗り過ぎるとミスの原因になるので注意してください。



10)回転力を抑えながら、身体のねじれを戻して姿勢を正していく
着地直後は回転力が残っているので、もっと回ろうとする力が働きます。
なので、スノーボードでしっかり雪面を捉えて、それ以上回らないように回転力を抑えてください。

合わせて、身体のねじれを戻して姿勢を正していきます。
体のひねりがもとに戻るまでは転びやすいので、油断しないで滑りましょう。




注意
腰が引けないように
腰が引けるとバランスを崩しやすいですし、リップを抜ける前にスノーボードがズレる原因にもなります。


先行動作に入るタイミングが早くならないように
先行動作をするタイミングが早いと抜ける前にスノーボードが回り始めてしまい、リップにスノーボードが引っ掛かりやすいので危険です。


早く踏み切らないように
リップまで行く前に踏み切ってしまうと、これまたリップにスノーボードが引っかかりやすいので危険です。


ポイント!
スピンする量は150度ぐらい
150度ぐらい回って、残りの30度は体のひねりを使って合わせることで、メイク率が上がります。


目線
リップを抜けるまではリップを見続け、リップを抜けたらランディングを見ます。


素早く先行動作をする
ゆっくり先行動作をしても回転力が付きません。
一発で、「ぱんっ!」っと先行動作をしましょう。


肩を水平に回す
グラトリと同様に肩を水平に回すように意識して下さい。


自分はグーフィーだと思い込む
ふざけたポイントで申し訳ないですが、意外と効果的です。
空中で焦ると、メインスタンスに戻そうと動いてしまいやすいのです。
そのため、ほとんど回りきっているときでもメインスタンスに戻そうとしてしまい、結局90度ぐらいで落ちてしまうときがあります。

このような癖がある人は、スイッチで着地する(メインスタンスに戻さない)意識を強めるために、グーフィーだと思い込みましょう。
(グラトリでのF/S180をやりこんでいれば、あまり起こらない問題です。)


着地で右肩、骨盤が閉じないように
F/S180は着地で右肩と骨盤が閉じてしまいやすいく不安定になりやすいので、右肩と骨盤を右に開いて着地することを意識しましょう。


解説
抜け時点の目線について
5)の時点で、右足がリップを抜ける瞬間までリップを見続けるように説明しています。

しかし、ゴーグルが邪魔になって(ゴーグルの死角になって)抜ける瞬間が見えなくなることがあります。
(抜けの姿勢や、ゴーグルのかけ方にもよります。)

ですが、トリックに慣れないうちは早い段階でリップから目線が外れやすいので、抜けの瞬間までリップを見る意識を持つぐらいがちょうど良いです。
ゴーグルの死角になって見えなくなると言っても、抜けの直前のほんの一瞬ですから。

なお、死角になるからといって、ゴーグルの死角にならないように頭を動かしてリップを見に行くとバランスを崩す可能性があるので、無理に見に行く必要はありません。
死角になる場合は感覚で(タイミングを計って)、右足がリップを抜ける瞬間に合わせて踏み切り終わるようにしてください。


着地時の動作について
F/S180(ヒール抜け)で完成度の高い着地をマスターするのは意外と難しいのです。
そのため、グラトリでF/S180(ヒール抜け)をするときも油断せずに完璧な着地をするように意識して練習しておくと、着地の安定度が上がり、将来的にはSWB/S360やF/S540(着地の仕方がF/S180と一緒)のメイク率も上がっていきます。

なお、着地時の動作についてスピンの着地により詳しく解説しているので合わせて参照してください。


もっと詳しく

先にグラトリのF/S180を覚える理由
人によっては、グラトリで練習するよりキッカーで練習したほうが早く覚えられると言う人もいます。
キッカーの方が滞空時間が長いので、ゆっくり回っても回り切るからです。

しかし、管理人はF/S180ならグラトリを先に練習した方が早く覚えられると思っています。
キッカーで練習するよりも、安全に、たくさん練習できることが理由です。

また、グラトリでF/S180するぐらいの回転力をつける技術力がないと、F/S360、F/S540を覚えるのが難しくなるので、後々苦労することになります。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでジャンプ(スピン編) -INDEX-
>>スノーボードでジャンプ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-