スノーボードでジャンプ:B/S720 | スノボーのスー

B/S720

スノーボードでジャンプ台の飛び方(スピン編)。
今回のテーマはB/S720(バックサイド720)です。
時計回り(グーフィーの場合は反時計回り)に720度回ります。

※【ライダーズコンシャス】では、担当ライダーの感覚、意識、気を付けていることなどを解説します。詳くはこちら

<B/S720>

(ライダー:鎌形 智也

準備

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
ジャンプ台でのB/S360
ジャンプ台でのB/S540

【出来ると役立つトリック】
以下のトリックをマスターしておくと、このトリックを覚えるのに役立ちます。
<着地の動きが同じ>
・ジャンプ台でのスイッチF/S540

やり方

1)イメージする
綺麗にB/S720するイメージをします。
アプローチから着地までの全体をイメージしてください。
スピンすることだけでなく、ジャンプの滞空時間と、その滞空時間でちょうど良く回り切る回転スピードもイメージしましょう。

720度ピッタリスピンする必要はないので、690度ぐらいスピンするイメージを作ってください。

慣れないうちは、回転力を付けきれなかったり、空中で非効率的な動作をしやすいので、エアの頂点までに540度回りきるぐらいのイメージで行くとちょうど良いと思います。

この時、540度回った時点での重心位置は右足寄りぐらいを狙ってください。
普通のB/S540のイメージで行くと、回転軸がランディングバーン方向に倒れ過ぎてしまうので注意してください。

【ライダーズコンシャス】
リップを抜ける瞬間からエアの頂点で450度回っている所までを、特にイメージしています。


2)キッカーに向かって真っすぐアプローチする
アプローチ中はリップの自分が抜けるポイント(抜けようと狙っている場所)を見続けるのが基本です。
目線を固定することで安定したアプローチが出来ます。

キッカーに慣れていて、目線を固定しなくても安定したアプローチができる人であれば、まだリップを直視する必要はありません。
キック方向に目線を向けながらも、雪面の変化を確認しながらアプローチしましょう。

キックに近づいて来たらリップに目線を向けてください。



3)軽くヒールエッジに乗り、リップの左側に進行方向を向ける
グラトリと違って飛ぶ方向が決まっているので、ちゃんとランディング方向に飛ぶように調節して下さい。

右に曲がりながら飛ぶことになるので、一度軽く左に振ってS字を描くようにリップに向かうと良いです。
それでも、ほとんどの人はちょっと右方向に飛ぶので、リップの左寄りから飛びましょう。

なお、回転力を付けようとする意識によって、巻き過ぎたアプローチになりやすい(S字のラインが必要以上に深いカーブになりやすい)ので、浅いS字のラインになるように心がけてください。

<アプローチの取り方>


ここまでのアプローチでリップを見ていなかった場合でも、この辺りでは自分が抜けるポイント(抜けようと狙っている場所)に目線を向けます。



4)トゥエッジに乗り換えながら、オーリーするために低い姿勢になっていき、肩を左に回してタメを作る
基本的には、キックのRを上り始める前にはトゥエッジに乗り換えておきます。
これはRの中でエッジを切り換えると不安定になるためです。


トゥエッジに乗るのは軽くです。
トゥエッジに乗り過ぎると右方向に飛んでしまうので注意してください。

先行動作のタメをつくるために、「左手・左肩を左に開きながら右手・右肩を前に出して」肩を左に回します。
かなり速い回転力をつける必要があるので、大きくタメを作ってください。

左手・左肩を開くことに意識が行きやすいですが、大きなタメを作るためには右手・右肩を前に出すことが重要なので、意識して右手・右肩を動かしましょう。

最もヒールに乗っているタイミングからタメを作り始め、トゥエッジに乗り換えた直後にタメが作り終えている(上半身とか半身のひねりが最大になる)イメージです。

また、低い姿勢になる時に頭が下がりやすいので、頭を立てておくように意識してください。

【ライダーズコンシャス】
左足はトゥエッジにのる必要は無く(フラットで)、右足だけ軽くトゥエッジに乗るイメージです。
右足は、スノーボードを縦に4分割して、トゥ側から数えて2番目あたり(ほぼセンター)に体重をかけています。






5)スピンするための先行動作をしながら、つま先側で軽くオーリーする
スピンするための先行動作として、左手・左肩と左腰を前上方向に引き上げながら右手・右肩を後ろ上方向に引き上げます。

エアの頂点に向かって450度一気に回るイメージ(B/S720に慣れていない間は、エアの頂点に向かって540度一気に回るイメージ)です。

踏み切る時も頭が下がりやすいので、頭を立てておくことを意識してください。
頭が下がると右方向に飛んだり、回転軸がナナメになったりする原因になります。

同時に、右足のつま先側でしっかり踏み切ってオーリーします。
このときも、トゥエッジに乗りすぎると右方向に飛んでしまうので注意してください。

踏み切り終わったときにテールが反発するのが感じられたらベストです。

【ライダーズコンシャス】
4)で説明した、スノーボードを縦に4分割して、トゥ側から数えて2番目あたり(ほぼセンター)で踏み切るようにしています。






6)踏み切り終わると同時に、右脇の下から後ろを見る
自分の狙っているタイミングで踏み切り終わるようにします。
(踏み切りのタイミングの詳細はこちら。)

焦って早く踏み切らないように、しっかりタイミングを見計らって下さい。

踏み切り終わる瞬間まではリップを見たままです。
目線がリップから外れるのが早いと、踏み切るタイミングが早くなってしまう原因になります。

踏み切り終わったらすぐ(踏み切り終わるタイミングと同時に)、右脇の下から後ろを見て、目線でスピンの先行をします。

リップで肩が閉じている角度は、飛ぶ方向に対して90度以上回すことを目安にしてください。
(大きなキッカーで飛ぶときや、回転力をつける技術のレベルが上がれば、肩を回す角度は少なくなるので、あくまでも自分なりの感覚が分かるまでの目安にして下さい。)

【ライダーズコンシャス】
抜けの時点では、テールのトゥエッジ(有効エッジの最後あたり)をリップにコスるように踏み切り終わるイメージを持っています。
こうすることで、ヒールエッジが引っかかりづらくなり、抜けのタイミングも良くなります。




7)リップを抜けたら、膝を軽く引き上げながら、右手・右肩、右腰、目線でスピンを引っ張っていく
5)6)の先行動作の動きに続けて、右手・右肩と右腰を後ろに引きながら後ろを見ていき、回転を引っ張っていきます。
右手・右肩と右腰をランディング方向に開きながら、ランディングを見に行く感じです。

膝は、太ももを胸に引きつけるようにして引き上げて下さい。
オーリーがしっかりかかると、楽に引き上げられます。





8)270度回ってランディングが見えるタイミングでも、引き続き先行動作を続けていく
ランディングを見ようとすれば見えるタイミングですが、見る必要はまったくありません。

引き続き、右手・右肩と右腰を後ろに引きながら、身体の右側からランディングを見に行くようにして、しっかり目線の先行を続けてください。

ここでランディングを見てしまうと、回転が止まる原因になります。





9)450度回ってランディングが見えたら、残りはB/S360と同じ
450度ぐらい回るとランディングが見えてきます。
ここまでスムーズに回っていれば、残りはB/S360と同じです。

ランディングが見えたら目線をランディングに固定し、着地点までの距離を確認してください。

450度回った時点での重心位置(回転軸の位置)はスノーボードより少し後ろ(トゥエッジの後ろ)になるようにすると、着地時に後ろ重心(右足に体重が多く乗った状態)になりやすいです。

ど真ん中での着地よりも、後ろ重心の着地の方がセーフティのため、450度の時点でこの重心位置を狙っていくと比較的安全に練習出来ます。



10)500度ぐらいまで回ったら、身体をひねってランディングにスノーボードの向きを合わせていく
着地するタイミングに合わせて、「左手・左肩を後ろに引きながら右手・右肩を前に押し出して」上半身を左に回し、「右足を曲げるようにして後ろに引きながら左足を伸ばしながら前に出して」下半身を右に回して、スノーボードの向きを着地に合わせます。

重心の位置が少し後ろ(真ん中よりもちょっと右足寄り)で着地するようにします。
(この時点から急に重心を後ろにしようとしても出来ないので、初めからちょっと後ろ重心で着地するように狙って飛んでください。)

重心をちょっと後ろにして着地することで、着地後にバランスを崩すリスクを減らすことができます。






11)上半身と下半身がねじれた姿勢で着地
足りない30度分、体をひねってスノーボードの向きを合わせているので、進行方向に対して上半身が左に開いています。

着地時の衝撃は膝で吸収してください。

基本的には、ちょっとヒールエッジに乗って着地します。

【ライダーズコンシャス】
着地の衝撃は、膝だけでなく骨盤を落とし込むことも意識して吸収しています。




12)回転力を抑えながら、身体のねじれを戻して姿勢を正していく
着地後も回転力が残っているので、もっとスピンしようとする力が働きます。
なので、スノーボードでしっかり雪面を捉えて、それ以上回らないように回転力を抑えてください。

合わせて、身体のねじれを戻して姿勢を正していきます。











>スノーボードでジャンプ(スピン編) -INDEX-
>>スノーボードでジャンプ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-