利用者数No1!のスノーボードHowtoサイト

ノーズグラブ

スノーボードでのジャンプ台の飛び方(ストレートエアの小キッカー編)。
今回のテーマはノーズグラブです。

特別なスタイルを作らない、最も基本的なノーズグラブのやり方を説明します。

<ノーズグラブ>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

地上で何度もグラブしてみて、グラブする位置を確認しておいて下さい。
スノーボードを見なくてもグラブ出来るようになっておくと、より良いです。

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
基本となる飛び方(ノーグラブのストレートエア)




やり方

<グラブする場所>
左手でスノーボードのノーズをグラブします。


1)スタート位置で停止する。
ここから直滑降すればちょうど良いスピードになる場所で、一度停止します。


2)滑り出す前に、イメージする。
綺麗にキッカーを飛んで、上手くグラブできるイメージをします。


3)ノーグラブのストレートエアと同じように、ジャンプ台に向かって真っすぐアプローチ(助走)する
ノーグラブのストレートエアと全く同じように助走します。
グラブに集中しすぎて、助走の手を抜かないように気をつけてください。



4)ジャンプ台を上り始める前までに、スノーボードの向きを飛ぶ方向に真っ直ぐにしておく。
スピード調節やスノーボードの向きを操作する場合は、ジャンプ台を上り始める前までに完全に終わらせて、準備万端の姿勢で上って行くようにしてください。



5)タイミングを計って、軽く踏み切る。
このとき、スノーボードをあまり反発させないように、軽く踏み切ります。
ただし、右膝が曲がったままリップを抜けないように気をつけてください。

踏み切り終わるタイミングはノーグラブのストレートエアと全く同じです。

余裕がある人は、少し高い姿勢(膝をあまり曲げない姿勢)でアプローチして、軽く右膝を伸ばす感じで踏み切るとやり易いです。

飛ぶ前に左手をグラブ位置に近づけるように動いてしまうミスをする人が多いので、気をつけてください。






6)左膝を引き上げながら、右脚を真下方向に伸ばしていく。
ノーズを自分に近づけるために、左膝を引き上げながら、右足を真下に伸ばして、スノーボードを立てて行きます。

5)のテールを反発させない踏み切りが上手く出来れば、簡単に右足を下に伸ばせるはずです。

反対に、5)でテールを反発させてしまうと、テールが一度浮いて来てしまうので、右足を下に伸ばすのが少し難しくなります。

ノーズは左手を伸ばすだけでは全く届かないので、グラブしに行く前にしっかりスノーボードを立ててください。


※上半身を後ろに倒してスノーボードを立てようとするミスをしてしまう場合があります。
しかし、そうしてしまうとマクられる(背中側に倒れながら飛び出してしまう)ので、バランス良く飛び出してから両足の操作でスノーボードを立てるようにしてください。




7)左手でノーズをグラブする。
ノーズが左手に近づいたところでグラブします。
スノーボードがしっかり立っていれば、想像以上にノーズが近く感じるはずです。

もしノーズがかなり遠く感じたらスノーボードを立てる量が足りていません。

また、無理に左手を無理に伸ばしてグラブしようとしてもバランスを崩すだけなので、届きそうも無い時はあきらめましょう。



8)しばらくグラブしたまま飛ぶ。





9)着地が近づいて来たらグラブを離し、脚を伸ばして着地の衝撃にそなえる。
いつまでグラブしていられるかは、どれだけ上手く出来たかによって違います。

上手く出来れば着地直前までグラブしてられますし、バランスが悪い時は早めに離して安全に着地することを優先させます。



10)両膝で着地の衝撃を吸収しながら着地する。






ポイント!
スノーボードをしっかり立てる
ノーズを自分にどれだけ近づけられるかが、成功の鍵になります。
グラブよりもスノーボードを立てることを重視してください。


テールを反発させないように踏み切る
テールを反発させても特に問題なくグラブできますが、難しくなる上にグラブするまでに時間がかかります。
テールを反発させないようにタイミングよく踏み切れれば、その後の動作がかなり簡単になります。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI

taku1

【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk









>ストレートエア(小キッカー編) -INDEX-
>>スノーボードでジャンプ(小キッカー編) -INDEX-
>>>スノーボードでジャンプ -INDEX-
>>>>スノボーのスー -TOP-