スノーボードでジャンプ:メランコリーグラブ(小キッカー編)| スノボーのスー

メランコリーグラブ

スノーボードでのジャンプ台の飛び方(ストレートエアの小キッカー編)。
今回のテーマはメランコリーグラブです。

特別なスタイルを作らない、最も基本的なメランコリーグラブのやり方を説明します。

<メランコリーグラブ>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

地上で何度もグラブしてみて、グラブする位置を確認しておいて下さい。
スノーボードを見なくてもグラブ出来るようになっておくと、より良いです。

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
基本となる飛び方(ノーグラブのストレートエア)


やり方

<グラブする場所>
左手を左膝の後ろを通して、スノーボードのヒールエッジ側(両足間)をグラブします。


1)スタート位置で停止する。
ここから直滑降すればちょうど良いスピードになる場所で、一度停止します。


2)滑り出す前に、イメージする。
綺麗にキッカーを飛んで、上手くグラブできるイメージをします。


3)ノーグラブのストレートエアと同じように、ジャンプ台に向かって真っすぐアプローチ(助走)する
ノーグラブのストレートエアと全く同じように助走します。
グラブに集中しすぎて、助走の手を抜かないように気をつけてください。



4)ジャンプ台を上り始める前までに、スノーボードの向きを飛ぶ方向に真っ直ぐにしておく。
スピード調節やスノーボードの向きを操作する場合は、ジャンプ台を上り始める前までに完全に終わらせて、準備万端の姿勢で上って行くようにしてください。



5)タイミングを計ってオーリーする。
踏み切り(オーリー)もノーグラブのストレートエアと全く同じです。
飛ぶ前に右手をグラブ位置に近づけるように動いてしまうミスをする人が多いので、気をつけてください。






6)両膝を引き上げながら、右腕を上に引き上げ、左手をグラブ位置に近づけて行く。
踏み切り終わったら、両膝を胸に付けるように足を引き上げて行きます。

メランコリーグラブの位置はかなり遠いので、両膝をしっかり引き上げられるかどうかが成功の鍵になります。

グラブすることよりも、出来る限り両膝を引き上げることを意識してください。

同時に、右手を上に引き上げながら、左手を左膝の後ろを通して両足間のヒールエッジに近づけていきます。

グラブ位置を見たくなりますが、バランスを崩し易くなるのでできるだけ見ないようにしてください。
見るとしてもチラッと確認するぐらいにしましょう。


※空中姿勢がかなり横乗りの場合(骨盤がスノーボードの向きに平行に近い場合)は、グラブ位置がより遠く感じます。

届きそうも無い場合は、踏み切り終わったら、左腰を後ろに引いてみて下さい。
左肩がグラブ位置に近づき、左腕を通すスペースも広がるので、グラブし易くなります。




7)左手で両足間のヒールエッジ側をグラブする。
スノーボードが左手に近づいたところでグラブします。
左手を無理に伸ばしてグラブしようとしてもバランスを崩すだけなので、両膝をしっかり引き上げてスノーボードを左手に近づけるようにしましょう。



8)しばらくグラブしたまま飛ぶ。





9)着地が近づいて来たらグラブを離し、脚を伸ばして着地の衝撃にそなえる。
いつまでグラブしていられるかは、どれだけ上手く出来たかによって違います。

上手く出来れば着地直前までグラブしてられますし、バランスが悪い時は早めに離して安全に着地することを優先させます。



10)両膝で着地の衝撃を吸収しながら着地する。





ポイント!
右腕をしっかり引き上げる
右腕を引き上げることで左肩が下がり、グラブ位置まで左手が届き易くなります。
一見関係無さそうな右腕の動きが、グラブできるかどうかの1つのポイントとなります。


両膝をしっかり引き上げる
メランコリーグラブの場合、どれだけ両膝が引き上げられるかが、成功のかなりの部分を占めています。
両膝が胸に付くぐらいまで引き上げるようにしましょう。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>ストレートエア(小キッカー編) -INDEX-
>>スノーボードでジャンプ(小キッカー編) -INDEX-
>>>スノーボードでジャンプ -INDEX-
>>>>スノボーのスー -TOP-