利用者数No1!のスノーボードHowtoサイト

フロントサイドシフティ

スノーボードでのジャンプ台の飛び方(ストレートエアの小キッカー編)。
今回のテーマはフロントサイドシフティです。

空中で、上半身を右に、下半身を左に捻って、スノーボードの向きを横に向けるトリックです。

<フロントサイドシフティ>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

スノーボードを付けずに、地上で身体の動かし方を確認しておいてください。

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
基本となる飛び方(ノーグラブのストレートエア)




やり方

1)スタート位置で停止する。
ここから直滑降すればちょうど良いスピードになる場所で、一度停止します。


2)滑り出す前に、イメージする。
綺麗にキッカーを飛んで、上手くフロントサイドシフティができるイメージをします。


3)ノーグラブのストレートエアと同じように、ジャンプ台に向かって真っすぐアプローチ(助走)する
ノーグラブのストレートエアと全く同じように助走します。
トリックに集中しすぎて、助走の手を抜かないように気をつけてください。



4)ジャンプ台を上り始める前までに、スノーボードの向きを飛ぶ方向に真っ直ぐにしておく。
スピード調節やスノーボードの向きを操作する場合は、ジャンプ台を上り始める前までに完全に終わらせて、準備万端の姿勢で上って行くようにしてください。



5)タイミングを計ってオーリーする。
踏み切り(オーリー)もノーグラブのストレートエアと全く同じです。
飛ぶ前から身体を捻ろうと動き始めてしまう人が多いので、気をつけてください。






6)両膝を軽く引き上げる。
踏み切り終わったらまず、ノーグラブのストレートエアと同じように軽く膝を引き上げます。

踏み切り後、すぐに身体を捻るつもりでいると、踏み切り自体でバランスを崩し易いので気をつけてください。

踏み切り終わって、自分がバランスよく飛び出せていることを確認出来てから捻る動作を始めるぐらいのタイミングがちょうど良いです。




7)上半身を右に(時計回りに)、下半身を左に(半時計回りに)捻る。
上半身は、「右腕、右肩を右後ろ上方向に引き上げ、左腕を右方向に回し」ます。
下半身は、「右足を右前下方向に伸ばし、左足を後ろに引き」ます。

体全体を動かす余裕がない場合は、右半身の動き(右腕、右肩を右後ろ上方向に引き上げ、右足を右前下方向に伸ばす)に集中してみましょう。

捻れる量は減りますが、簡単になります。





8)着地が近づいて来たら身体のひねりを戻し、脚を伸ばして着地の衝撃にそなえる。





9)両膝で着地の衝撃を吸収しながら着地する。





ポイント!
上半身をしっかりと右に捻る
スノーボードの動きが目立つので、下半身だけを動かそうとしてしまう人が多いです。
しかし、下半身は上半身を捻った量と同じ分だけしか捻れません。

下半身をしっかり捻るには上半身も同じだけ捻る必要があるので、上半身の動作を忘れないようにしてください。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI

taku1

【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk









>ストレートエア(小キッカー編) -INDEX-
>>スノーボードでジャンプ(小キッカー編) -INDEX-
>>>スノーボードでジャンプ -INDEX-
>>>>スノボーのスー -TOP-