スノーボードでジャンプ:基本となる飛び方(ノーグラブのストレートエア)| スノボーのスー

基本となる飛び方(ノーグラブのストレートエア)

スノーボードでのジャンプ台の飛び方(ストレートエアの小キッカー編)。
今回のテーマは基本となる飛び方(ノーグラブのストレートエア)です。

全てのトリックの基礎となる技術なので、グラブやスピンを覚えたい人も飛ばさずに、確実にマスターして下さい。

<基本となる飛び方(ノーグラブのストレートエア)>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

初めてのジャンプを読んで、ジャンプ台についての知識、必要な技術を身につけておいて下さい。

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
オーリー(初級編)


やり方

1)スタート位置で停止する。
ここから直滑降すればちょうど良いスピードになる場所で、一度停止します。

助走しながらスピード調節しても良いのですが、ミスしやすくなり、難しくもなります。

助走中にスピード調整しなくて良い場所からスタートしましょう。


2)滑り出す前に、イメージする。
綺麗にキッカーを飛ぶイメージをします。
うまくイメージできない時はミスする可能性が高いので、ちゃんとイメージができてから飛びましょう。


3)低めの姿勢で、ジャンプ台に向かって真っすぐアプローチ(助走)する
以下の5点を意識して、ジャンプ台に向かって真っ直ぐ滑ります。

・基本姿勢か、それより少し低い姿勢をつくる
・助走中は常にリップを見たままにする
・スノーボードの向きを、リップに向けて真っ直ぐにする
・どちらのエッジにも乗らないように、スノーボードをフラットにする
・両足均等に体重がのるように、スノーボードの真ん中に乗る

なお、基本的にスピード調節はやらずに、ターンもできるだけやらないようにしてください。



4)ジャンプ台を上り始める前までに、スノーボードの向きを飛ぶ方向に真っ直ぐにしておく。
スピード調節やスノーボードの向きを操作する場合は、ジャンプ台を上り始める前までに完全に終わらせて、準備万端の姿勢で上って行くようにしてください。



5)タイミングを計ってオーリーする。
リップに右足が到達するぐらいのタイミングで踏み切り終わることを狙って、オーリーします。

オーリーは軽い力で大丈夫です。
右足の裏をリップに押し当てる程度でも十分な高さを出せます。
 
踏み切る時の身体の動かし方が上手くイメージ出来ない場合は、ジャンプ中の一番高くなる地点に飛び乗るようなイメージで踏み切ってみてください。






6)踏み切り終わったら両膝を引き上げる。
目線は着地点に送ります。







7)着地に近づいてきたら、脚を伸ばして着地の衝撃にそなえる。



8)両膝で着地の衝撃を吸収しながら着地する。
着地時の重心の位置は、両足間の真ん中か、真ん中よりちょっと後ろ(少し右足寄り)がベストです。

慣れない内は予想以上に加速しているので、スピードに負けないようにしっかり踏ん張ってください。





ポイント!
助走中はリップを見続ける
解説中にも書いていますが、助走中はリップを見続けてください。
リップを見続けることで目線(頭)が固定され、安定した助走がやり易くなります。


助走中の姿勢を崩さないようにする
助走し始めに作った姿勢は、崩れないようにしっかり固めるように意識しましょう。
何も考えずにいると恐怖感などが原因で姿勢が崩れてしまうことがありますが、姿勢を固定するように意識することで防止できます。


注意
スタート位置はジャンプ台(リップ)の正面で
リップの正面からズレた場所からスタートすると、リップに対して斜めに進入してしまう場合があります。
出来るだけ楽に飛ぶためにも、正面からスタートしましょう。


自分の力でジャンプ台を飛び越えようとしない
ジャンプ台に慣れない内は、自分の力でジャンプ台を飛び越えようとして、前方向に飛ぼうとし過ぎてしまうことがあります。

しかし、助走で付けたスピードで勝手に着地点まで飛ぶので、自分で飛び越えようとする動作は必要ありません。
グラトリと同じように、自然にオーリーをかけましょう。


スピード調節とスノーボードの操作は早めに終わらせる
スピード調整やスノーボードの方向付けを終わらせるタイミングですが、自分の感覚以上に早い段階で終わらせる必要があります。

それは、スピード調節などのためにスノーボードを動かしてから、スノーボードの向きが元に戻るまでに時間がかかるためです。

自分では早めに調節し終わったつもりでも、スノーボードの向きがちょうど良くなる前にジャンプ台を上り始めてしまうことがあるので注意してください。


ジャンプ台を上り始める前までに、全ての準備を終わらせておく理由
ジャンプ台を上っている間は遠心力がかかるためコントロールが難しく、このタイミングでスノーボードの操作をすることはミスの原因になりやすいです。

そのため、スピード調節とスノーボードの方向付けは完全に終わらせて、準備万端でジャンプ台に進入する必要があります。
同様の理由で、ジャンプ台を上っている間のエッジの切り替えも、できるだけやらないようにしてください。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>ストレートエア(小キッカー編) -INDEX-
>>スノーボードでジャンプ(小キッカー編) -INDEX-
>>>スノーボードでジャンプ -INDEX-
>>>>スノボーのスー -TOP-