スノーボードでジャンプ:B/S360(小キッカー編)| スノボーのスー

B/S360

スノーボードでのジャンプ台の飛び方(スピントリックの小キッカー編)。
今回のテーマはB/S360(バックサイド360)です。

時計回り(グーフィーの場合は反時計回り)に360度回ります。

<B/S360>

(ライダー:鎌形 智也

準備

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
基本となる飛び方(ノーグラブのストレートエア)
小さなジャンプ台でB/S180


やり方

1)スタート位置で停止する。
ここからスタートすれば、スピード調節をしなくてもちょうど良いスピードでジャンプ台に進入出来る場所で、一度停止します。


2)滑り出す前に、イメージする。
綺麗にキッカーを飛んで、綺麗にスピンできるイメージをします。

スピンに慣れて来たら、少し足りないぐらい(330度ぐらい)スピンして、足りない分を身体を捻って合わせるイメージを作りましょう。


3)低めの姿勢でアプローチする。



4)回転力を作るためのタメを作りながら、軽くヒールエッジに乗ってリップの左側へ向かう。
カービングで(エッジがズレないようにして)滑ってください。
エッジがズレてしまうと、回転力が付きづらくなったり、スピードが足りなくなったりします。

上半身を反時計回りに回して(左腕と左肩を左に開き、右腕と右肩を前に出して)、回転力を付けるための先行動作のタメを作ります。




5)タメの姿勢を保ったまま、軽くトゥエッジに乗る。
4)で作った上半身のタメの姿勢を保ったままトゥエッジに乗るようにします。

トゥエッジに乗る時も、カービングで(エッジがズレないようにして)滑ってください。

このとき、顔が下を向きやすい(頭が傾き易い)ので注意してください。

骨盤の位置をヒールエッジ側の上からトゥエッジ側の上に動かし、顔と背骨を真っすぐ立てる(重力と平行にする)ようにしてトゥエッジに乗れるとベストです。




6)準備万端の姿勢でジャンプ台に進入する。
タメを作った軽くトゥエッジに乗った姿勢で、後は先行動作をするだけという準備万端の姿勢でジャンプ台を上って行くようにします。

ジャンプ台を上りながらエッジを切り替えるとバランスを崩す原因となりますので、切り替えるタイミングが遅くならないように注意しましてください。



7)先行動作をしながら軽くオーリーする。
スピンするため(回転力を付けるため)の先行動作として、「左腕、左肩、左腰」を右上方向に、「右腕、右肩」を後ろ上方向に動かし、上半身を回します。
同時に、右足の裏をリップに押し当てるようにして、軽くオーリーします。

先行動作時に、両手が通過する位置が身体から遠いほど、空中に出てからの回転スピードが速くなります。

なので、回転スピードを速くしたい場合は、両手を出来るだけ身体から遠ざけて(背骨からの距離が出来るだけ遠くを通るように)、両腕を大きく使って先行動作をしてみてください。

顔は、まだ前を向いたままでOKです。





8)踏み切り終わったら、顔(目線)を後ろに回して行く。
右腕と右肩は引き続き、後ろに引いて行きます。



9)200度ぐらいまで、右腕・右肩を後ろに引きながら、顔(目線)を後ろに回して行く。
右腕と右肩をランディング方向に開きながら、ランディングを見に行くイメージです。

余裕があれば、両膝を胸に近づけるように引き上げていきます。

ランディングが見えたら目線をランディングに固定し、着地点までの距離を確認します。





10)身体をひねってランディングにスノーボードの向きを合わせていく。
着地するタイミングに合わせて、「左腕・左肩を後ろに引きながら右腕・右肩を前に押し出して」上半身を左に回し、「右足を曲げるようにして後ろに引きながら左足を伸ばしながら前に出して」下半身を右に回して、スノーボードの向きを着地に合わせます。





11)上半身と下半身がねじれた姿勢で着地。
スピン量が少し足りない分、体をひねってスノーボードの向きを合わせているので、進行方向に対して上半身が開いた状態で着地します。

着地時の衝撃は膝で吸収してください。




12)回転力を抑えながら、姿勢を正していく。
着地後も回転力が残っているので、それ以上回らないように踏ん張ってください。




身体の軸と回転力の関係
5)で、先行動作をするためのタメの姿勢として「顔と背骨を真っすぐ立てる(重力と平行にする)ようにしてトゥエッジに乗れるとベスト」と記述しています。

これは、この姿勢を作ることで「回転軸」と「身体の軸」が近づき、先行動作の力が効率よく回転力に繋がるためです。

逆に姿勢が崩れていると「回転軸」と「身体の軸」の差が大きくなるため、先行動作の力のほとんどがムダになり、回転力が付きづらくなります。


頭(目線)の動かし方と回転力の関係
リップを抜ける前の先行動作で頭(目線)を動かしても、回転力が強まるわけではありません。

むしろ、頭を動かすと、ほとんどの場合は前述の「身体の軸」が崩れ、回転力を付ける効率が悪くなります。

(頭を上手に動せば回転力は落ちませんが、とても難しいです。)

また、頭を立てて固定して先行動作をすることで、綺麗な軸でスピンしやすくなる(ナナメに回ってしまうことを抑える)効果もあるので、踏み切り終わってから頭を動かすように意識するのがベターです。









>スピントリック(小キッカー編) -INDEX-
>>スノーボードでジャンプ(小キッカー編) -INDEX-
>>>スノーボードでジャンプ -INDEX-
>>>>スノボーのスー -TOP-