スノーボードでジャンプ:スイッチF/S360スイスチーズ| スノボーのスー

スイッチF/S360 スイスチーズグラブ

スノーボードでジャンプ台の飛び方(スタイル編)。
今回のテーマはスイッチF/S360スイスチーズグラブです。

<スイッチF/S360スイスチーズ>

(ライダー:鈴木 卓郎

狙っているスタイル

こんなスタイルを狙ってます。



・抜けからの自然な流れで作るスタイル
・シフトを軽く入れてレイト気味に
・テールボーン


必要な技術

このトリックをメイクするにはこれらの技術を覚えておく必要があります。

スイッチF/S360(ヒール抜け)
・メインスタンスでのスイスチーズグラブ(逆手)
又は
・スイッチスタンスでのチキンサラダグラブ


やり方

1)ノーグラブのスイッチF/S360と同じようにアプローチする



2)ノーグラブのスイッチF/S360より上半身が開く量を多めにして先行し、スノーボードを真っすぐに抜くようにして踏み切る
上半身を多めに開き、スノーボードをランディング方向に真っすぐ向けたまま(スノーボードが回っていかないようにしながら)踏み切ります。

狙っているスタイルは上半身が右に、下半身が左にねじれた姿勢です。
このように抜けることで、抜けの時点から狙っているスタイルの身体のねじれに近づけていくことができます。





3)リップを抜けた直後は、スノーボードはまだ回さずに上半身を先行させていく
右肩・右腰を後ろに引き、左肩を前に出して上半身はスピン方向に先行させていきながら、右脚を伸ばすようにしてスノーボードが回っていかないように(出来るだけランディング方向に真っすぐに向けたままに)します。

こうすることで、スノーボードの向きに対して上半身が大きく開いていき、狙っているスタイルの姿勢により近づいていきます。

また、抜けた直後の、この動きを意識することで2)でスノーボードが回り始めてしまうことの抑える効果もあります。



4)上半身を先行させながら、スノーボードが自分の前に引き上がるように両膝を引き上げていく
引き続き上半身を先行させながら、両膝を引き上げていきます。
リップを抜けて一瞬おいてから、膝を引き上げ始める&スノーボードが回り始めるイメージです。

このとき、膝を引き上げながら、右腰を後ろに引きながら右脚を左前方向に伸ばして身体のねじれを増やしていきます。

スノーボードを自分の前に引き上げる感覚はストレートエアのスイスチーズと一緒です。




5)左手を股の下を通して、両足間のヒールエッジ側をグラブする
両膝がしっかり引き上がり、スノーボードが自分の前側に引き上がったら、左手を股の下を通してヒールエッジ側をグラブします。

このとき、左肘が外を向く状態(逆手)でグラブするようにします。
左肘が自分側を向く状態(順手)でグラブするよりもシフトとテールボーンがしやすいので、よりスタイリッシュな姿勢が作れます。

なお、上半身が先行し、下半身が遅れてくるスピン(いわゆるレイトのスピン)になっているため、この時点で既に狙ったスタイルに近い姿勢になっています。



6)シフトを強めながらテールボーンする
グラブしたら、右手を後ろ上方向に引き上げながら右腰を後ろに引き、右足を左前方向にを伸ばしてテールボーンします。





7)程よいところで、作っていたスタイルを戻して行く
着地までの距離を確認して、着地するタイミングを確認します。
そして、程よいタイミングで、作っていたスタイルを自然な姿勢に戻して行きます。




8)グラブを離し、身体をひねって着地に合わせて行く
着地するタイミングに合わせて、グラブを離し、身体をひねってスノーボードの向きを着地に合わせて行きます。






鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スイッチF/S360系 -INDEX-
>>スノーボードでジャンプ(スタイル編) -INDEX-
>>>スノーボードでジャンプ -INDEX-
>>>>スノボーのスー -TOP-