スノーボードでジャンプ:スイッチF/S360ミュート | スノボーのスー

スイッチF/S360 ミュートグラブ

スノーボードでジャンプ台の飛び方(スタイル編)。
今回のテーマはスイッチF/S360ミュートグラブです。

<スイッチF/S360ミュート>

(ライダー:鈴木 卓郎

狙っているスタイル

こんなスタイルを狙ってます。



・グラブしてからスタイルを作る(テールボーンする)


必要な技術

このトリックをメイクするにはこれらの技術を覚えておく必要があります。

スイッチF/S360(ヒール抜け)
・メインスタンスでのミュートグラブ
又は
・スイッチスタンスでのインディグラブ


やり方

1)ノーグラブのスイッチF/S360と同じようにアプローチする



2)ノーグラブのスイッチF/S360より少し多めにスピンするつもりで先行動作をして、踏み切る
グラブしてからポークするスタイルを作るには、上半身で回転を引っ張るスピンではなく、回転力に身を任せてスピンする必要があります。
そのため、ちょっと多めにスピンするように意識して踏切ります。





3)リップを抜けたら両膝を引き上げていく
リップを抜けたら、まず両膝を引き上げていきます。
あまり早い段階でグラブしにいくと、狙っているスタイルが作りづらいです。

この間に狙い通りの回転力が付いているか確認しましょう。





4)左手で両足間のトゥエッジ側をグラブする
しっかり両膝を引き上げてからグラブします。
右手・右肩を引き上げなくてもグラブできるように、しっかり膝を引き上げてスノーボードを左手に近づけてからグラブしてください。

右足寄りをグラブするとその後の動きが出来なくなるので、真ん中かちょっと左足寄りをグラブするようにしましょう。



5)テールボーンする
グラブしたら、右手・右肩を右上に軽く引き上げながら右足を下に伸ばしてテールボーンします。

空中でやることが多くて焦りやすいですが、ゆったり動くことを意識してください。
全体の動きをゆったりスムーズにやることで、実際の時間よりも長くスタイルを保てているように見せることが出来ます。

(動作が速過ぎたりキビキビ動くと、滞空時間もグラブしている時間も短く見えます。)

合わせて、着地点までの高さを確認しておきます。





6)程よいところで、作っていたスタイルを戻して行く
着地までの距離を確認して、着地するタイミングを確認します。
そして、程よいタイミングで、作っていたスタイルを自然な姿勢に戻して(伸ばしていた右足を曲げ、引いていた右手・右肩を戻して)行きます。





7)グラブを離し、身体をひねって着地に合わせて行く
着地するタイミングに合わせて、グラブを離し、身体をひねってスノーボードの向きを着地に合わせて行きます。






鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スイッチF/S360系 -INDEX-
>>スノーボードでジャンプ(スタイル編) -INDEX-
>>>スノーボードでジャンプ -INDEX-
>>>>スノボーのスー -TOP-