スノーボードでジャンプ:スイッチF/S360メロン| スノボーのスー

スイッチF/S360 メランコリーグラブ

スノーボードでジャンプ台の飛び方(スタイル編)。
今回のテーマはスイッチF/S360メランコリーグラブです。

<スイッチF/S360メランコリー>

(ライダー:鈴木 卓郎

狙っているスタイル

こんなスタイルを狙ってます。



・シフトを軽く入れてノーズボーン


必要な技術

このトリックをメイクするにはこれらの技術を覚えておく必要があります。

スイッチF/S360(ヒール抜け)
・メインスタンスでのメランコリーグラブ
又は
・スイッチスタンスでのステイルフィッシュグラブ


やり方

1)ノーグラブのスイッチF/S360と同じようにアプローチする



2)ノーグラブのスイッチF/S360より少し多めにスピンするつもりで先行動作をして、踏み切る
空中での姿勢が上半身で回転を引っ張れるスタイルではないので、回転力に身を任せてスピンする必要があります。
そのため、ちょっと多めにスピンするように意識して踏切ります。

なお、スタイルが完成するまでに時間がかかるので、エアの早い段階でスタイルを作ろうとすると、抜けをミスしたり、スタイルを作りづらい姿勢になったりします。

エアの後半にスタイルが完成させるようにイメージして、しっかり抜け、回転力が付いていることを確認してからスタイルを作り始めるとスムーズに動けます。





3)リップを抜けたら、両膝を引き上げながら上半身を左に下半身を右に回していく
踏み切ったら上半身を左に、下半身を右に回して身体を捻っていきます。
踏み切り時の身体のねじれを、逆のねじれに入れ替えていく感じです。
エアの後半まで時間をかけるぐらいのつもりでゆったりと捻っていきましょう。

上半身は左肩・左腰を後ろに引き、右肩を前に押し出すようにして回していく訳ですが、回転力に身を任せて、上半身があまり先行して行かないように抑えるぐらいでも十分です。

合わせて、右足をお尻の下に近づけるように後ろに引き、左足を前に出すようにして下半身を右に(時計回りに)回して行きます。

このとき、それぞれの足が弧を描くように動かすとスムーズにスノーボードが回っていきます。
特に右足で弧を描くように引き込んでいく動作を意識してください。

お尻の下に右足を近づけるのは、右膝の曲げる量を増やし、左脚を伸ばすスペースを作るためです。
右足がお尻の下から離れていってしまうと、左脚を伸ばすスペースがなくなってしまいます。





4)左手で両足間のヒールエッジ側をグラブする
スノーボードの回転が、上半身の回転を追い越したところ(上半身と下半身のねじれが入れ替わったところ)で左手がヒールエッジに届くようになるので、そこでグラブします。

出来るだけ右足に近い所(出来るだけ奥の方)をグラブしたほうがノーズボーンしやすいです。



5)ノーズボーンする
グラブしたら、左腰を後ろに引き、右肩を前に押し出しながら左足を左前方向に伸ばしてノーズボーンします。

左腰と右肩の動作は「身体をひねってスタイリッシュに見せるため」と「左脚を伸ばしやすくするため」です。

パッと見では分かりづらいですが、スノーボードが回転している量と上半身の回転量を比べると身体がねじれが増えていっているのが分かります。
(スノーボードが回転してる量に対して上半身が回転している量が少ない。)





6)スタイルが完成したら、着地点を確認しながらそのままスピンしてく
スタイルを作るために身体をひねっている方向が、着地を合わせるために身体をひねる方向と一緒なので、スタイルを作っている姿勢から着地姿勢になるまでに時間がかかりません。

そのため、スピン量が合っていれば着地直前までスタイルを保つことが出来ます。





7)グラブを離し、着地に合わせて行く
着地するタイミングに合わせてグラブを離し、最後の微調整をしてスノーボードの向きを着地に合わせます。

スタイルを作るまでに時間がかかるトリックですが、着地直前までスタイルを保つことでスタイルを保っている時間を長くすることが出来ます。






鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スイッチF/S360系 -INDEX-
>>スノーボードでジャンプ(スタイル編) -INDEX-
>>>スノーボードでジャンプ -INDEX-
>>>>スノボーのスー -TOP-