スノーボードでジャンプ:スイッチF/S180ステイルフィッシュ | スノボーのスー

スイッチF/S180 ステイルフィッシュグラブ

スノーボードでジャンプ台の飛び方(スタイル編)。
今回のテーマはスイッチF/S180ステイルフィッシュグラブです。

グラブしている場所は、スイッチスタンスのメランコリーグラブの場所ですが、スピンしているのでメインスタンスでのグラブ名で紹介します。

<スイッチF/S180ステイルフィッシュ>

(ライダー:鈴木 卓郎

狙っているスタイル

こんなスタイルを狙ってます。



・よけいな動きをあまりしない自然なスタイル


必要な技術

このトリックをメイクするにはこれらの技術を覚えておく必要があります。

スイッチF/S180(ヒール抜け)
・メインスタンスでのステイルフィッシュグラブ
又は
・スイッチスタンスでのメランコリーグラブ


やり方

1)ノーグラブのスイッチF/S180と同じようにアプローチする



2)少なめのスピン量で回る様ことを狙って、いつもよりちょっと上半身を開き、スノーボードを真っすぐ抜くように踏み切る
ステイルフィッシュグラブしにいく動き(右手・右肩をヒールエッジに近づける動き)が回転力を作り出そうとするので、ノーグラブのスイッチF/S180よりも少なめにスピンするイメージで踏切ります。

また、肩をいつもより開き気味にして、スノーボードを真っすぐ抜くことで、上半身が少し右に下半身が少し左にひねられた状態でリップを抜けます。

このように体を少しひねって抜けると右手の位置がヒールエッジ側(背中側)になるので、その後のグラブがやりやすくなります。





3)右手・右肩でスピンを引っ張りながら、両膝を引き上げていく
引き続き、右手・右肩を開いてスピンを引っ張っていきながら、両膝をしっかり引き上げていきます。

2)の動きで体が少しひねられた形で抜け、右手・右肩を右に開いていっているので、両膝を引き上げるだけで右手にヒールエッジが近づいてきます。

ただし、回転力が付き過ぎてしまった場合、上半身の先行を止めて回転力を抑えなくてはいけなります。
そうなると、右手がヒールエッジから遠くなってしまい、グラブするのが難しくなります。

そのためにも、2)の時点で少し少なめのスピン量をイメージして踏切る必要があります。




4)右手で両足間のヒールエッジ側をグラブする
イメージ通りに抜けてしっかり膝が引き上がっていれば、結構簡単にグラブできます。
メインスタンスのステイルフィッシュグラブができるなら、そのイメージでグラブするとつかみやすいです。




5)グラブしたままスピンしていく
グラブしたらそのままの姿勢でスピンしていきます。

自然にやるだけでスタイルのでるグラブなので、ここでは特にこれ以上の動きはしていません。
好みで右足を伸ばしてテールボーンしてもかっこいいと思います。





6)程よいところで、グラブを離しながらスノーボードの向きを着地に合わせていく
グラブしている間、着地に合わせる体のひねりとは逆方向にひねっているので、グラブを離してから着地の姿勢になるまで、多少の時間がかかります。
そのため、着地直前までグラブし続けることはできません。

しかし、メインスタンスに戻す動作なので、比較的楽に身体をひねることができます。
そのため、慣れればかなり短い時間でスノーボードの向きを着地に合わせることができます。

ただし、抜けの姿勢からグラブする姿勢になるまでに時間がかからないトリックなので、早いタイミングでグラブすることでグラブしている時間を長くすることができます。







鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スイッチF/S180系 -INDEX-
>>スノーボードでジャンプ(スタイル編) -INDEX-
>>>スノーボードでジャンプ -INDEX-
>>>>スノボーのスー -TOP-