スノーボードでジャンプ:F/S540テールグラブ | スノボーのスー

F/S540 テールグラブ

スノーボードでジャンプ台の飛び方(スタイル編)。
今回のテーマはF/S540テールグラブです。

<[動画]F/S540テールグラブ>

(ライダー:寺島陽一

狙っているスタイル

こんなスタイルを狙ってます。



・テールグラブノーズボーンしながら、B/Sシフティ


必要な技術

このトリックをメイクするにはこれらの技術を覚えておく必要があります。

・F/S540(ヒール抜け)
テールグラブ


やり方

1)ノーグラブのF/S540と同じようにアプローチする
アプローチは通常のF/S540と同じでOKですが、テールグラブでノーズボーンすると身体の質量(重さ)が回転軸中心に近づくため、回転スピードが速くなります。
そのため、F/S360をやるぐらいの感覚でトライしましょう。



2)ノーグラブのF/S540より少なめにスピンするつもりで、先行動作を少し弱めにして踏み切る
スピンする意識よりも、上に跳ぶ意識を強く持って踏み切ります。
狙ったスタイルをしっかりと作れば回転力はほとんど落ちません。(むしろ回転スピードが上がりやすいです。)
なので、少し少なめにスピンするイメージで先行動作をします。

なお、回転軸が傾くと、インディやミュートなどスノーボードの中心をつかむグラブ以上に回転軸の傾きが大きくなりやすいので、注意してください。





3)リップを抜けたら、左足を下に伸ばし、右膝を胸に引きつける





4)右手でテールをグラブする
3)の動作が上手く出来ればテールが上半身に近づいてくるので、そこでグラブします。
グラブするタイミングは、180度から270度の間ぐらいのところです。

グラブするときに、無理に身体を後ろに倒して掴みにいかないようにしてください。
無理にグラブしにいくとバランスを崩す原因になります。

落ち着いて、まずグラブすることを考えてからで大丈夫です。



5)ノーズボーンしながら、左肩を開き、顔をスピン方向に向けていく
グラブしたら、左手・左肩を一気に後ろ上方向に開きながら、左足を真下に伸ばしてノーズボーンします。
あわせて、スピン方向(ランディング方向)に顔を向けていきます。

こうすることで、身体の質量(重さ)が回転軸付近に集まって回転スピードが速くなり、同時に狙っているスタイルを作ることが出来ます。

顔を動かすタイミングですが、グラブしてからスピン方向を見に行くイメージで十分間に合います。





6)程よいところでグラブを離し、身体を捻って着地に合わせていく
360度回った辺りでランディングが見えるので、程よいタイミングでグラブを離し、着地に合わせていきます。

グラブしている間、着地に合わせる体のひねりとは逆方向にひねっています。
そのため、着地の姿勢になるまでに少し時間がかかるので、早い段階でグラブを離すことになります。













>F/S540系 -INDEX-
>>スノーボードでジャンプ(スタイル編) -INDEX-
>>>スノーボードでジャンプ -INDEX-
>>>>スノボーのスー -TOP-