スノーボードでジャンプ:F/S360テール | スノボーのスー

F/S360 テールグラブ

スノーボードでジャンプ台の飛び方(スタイル編)。
今回のテーマはF/S360テールグラブです。

<F/S360テールグラブ>

(ライダー:鈴木 卓郎

狙っているスタイル

こんなスタイルを狙ってます。



・ノーズボーン
・着地直前までスタイルを保つ


必要な技術

このトリックをメイクするにはこれらの技術を覚えておく必要があります。

F/S360(ヒール抜け)
テールグラブ


やり方

1)ノーグラブのF/S360と同じようにアプローチする



2)ノーグラブのF/S360より少し多めにスピンするつもりで先行動作をして、踏み切る
テールグラブしようとすると、空中でスピンを引っ張って行く動作ができなくなります。

そのため、空中でスピンを引っ張る必要がないように、少し多めにスピンするつもりで先行動作をして踏切ります。

(テールを見ないでグラブするならスピンを引っ張ることができますが、テールグラブにかなり慣れてる必要があります。)





3)回転力がしっかりついていることを確認しながら、左足を下に伸ばし、右膝を左胸に引き寄せて行く
踏切ったら上半身をスピン方向に開く動作を抑え、回転力に身を任せながら、左足を下に伸ばし、右膝を左胸に近づけて行きます。

回転力が足りない場合は無理せず、テールグラブすることをあきらめましょう。
無理にグラブしようとすると回りきらなくなる可能性があります。





4)右手でテールをグラブする
3)の動作が上手く出来ればテールが自分の前に近づいてくるので、そこでグラブします。

テールが近づいてきていないのに無理にグラブしようとするとバランスを崩す原因になるので、気をつけてください。

テールの横をグラブするスタイルもありますが、個人的にはテールの先端をグラブするのが一番かっこいいと思います。




5)ノーズボーンする
グラブしたら、左手・左肩を上に軽く引き上げながら、左足を真下に伸ばしてノーズボーンします。
この間、スピンに身を任せながら行います。

なお、スピン軸はいわゆる「フラット」軸です。
スノーボードがナナメになっているのはスノーボードを傾けているからで、スピン軸がナナメになっているわけではないので惑わされないようにしてください。



6)スタイルを保ったまま、スピンして行く
回転力に身を任せて、スタイルを保ったままスピンして行きます。





6)程よいところで、グラブを離しながら着地に合わせていく






鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>F/S360系 -INDEX-
>>スノーボードでジャンプ(スタイル編) -INDEX-
>>>スノーボードでジャンプ -INDEX-
>>>>スノボーのスー -TOP-