スノーボードでジャンプ:F/S360ミュート | スノボーのスー

F/S360 ミュートグラブ

スノーボードでジャンプ台の飛び方(スタイル編)。
今回のテーマはF/S360ミュートグラブです。

<F/S360ミュートグラブ>

(ライダー:鈴木 卓郎

狙っているスタイル

こんなスタイルを狙ってます。



・ちょっとスピン軸をズラして、斜め上に向けてテールボーン
・着地直前までスタイルを保つ


必要な技術

このトリックをメイクするにはこれらの技術を覚えておく必要があります。

F/S360(ヒール抜け)
ミュートグラブ


やり方

1)ノーグラブのF/S360と同じようにアプローチする



2)ノーグラブのF/S360より少し多めにスピンするつもりで、回転軸を少しだけ後ろに倒すイメージで踏み切る
ミュートグラブでは、空中でスピンを引っ張ることが難しいです。
また、グラブしようとする動きがスピンを止めようとする動きになるので、踏み切り時に多めにスピンするように先行します。

回転軸ですが、倒すのはほんのちょっとなので意識し過ぎないようにしてください。

5)の時点で空に向かって右足を伸ばすスタイルを作ることを意識して踏み切れば、回転軸のことをほとんど意識せずに踏切ってもこんな感じになると思います。





3)回転力がしっかりついたことを確認しながら、両膝を引き上げていく
踏切ったら上半身をスピン方向に開く動作を抑え、回転力に身を任せながら、両膝をしっかり引き上げていきます。

ただし、回転力が足りない場合は無理せず、ミュートグラブすることをあきらめましょう。
無理にグラブしようとすると回りきらなくなる可能性があります。





4)左手で両足間のトゥエッジ側をグラブする
右足寄りをグラブするとテールボーンしづらくなるので、真ん中か左足寄りをグラブするようにします。



5)テールボーンする
右手・右肩を右上に引き上げながら、右足を伸ばしてテールボーンします。
右足は斜め上に(空に)向けて伸ばしています。

この間、スピンに身を任せながら行います。

上手く軸が倒せてない場合(完全なフラットスピンになった場合)は、右足を下に伸ばすようにすると良いです。
その様なスタイルになってもかっこいいと思います。





6)スタイルを保ったまま、スピンして行く
回転力に身を任せて、スタイルを保ったままスピンして行きます。





7)程よいところで、グラブを離しながら着地に合わせていく
グラブしている間、着地に合わせる体のひねりと同じ方向に身体が向いているので、スピン量が合っていれば着地直前までグラブしていることができます。

また、スタイル自体がランディングバーンの斜度に合うようにスピン軸が作られているので(テールが高く、ノーズが低い体勢なので)、着地直前までスタイルを保つことが出来ます。

ただし、この回転軸での着地はランディングバーンの斜度にピッタリ(いわゆる「ビタ着」)になるため、ランディングバーンがひどく荒れている時や新雪が深いときには着地直後にバランスを崩すリスクが高いので、気をつけてください。





鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>F/S360系 -INDEX-
>>スノーボードでジャンプ(スタイル編) -INDEX-
>>>スノーボードでジャンプ -INDEX-
>>>>スノボーのスー -TOP-