スノーボードでジャンプ:B/S540 インディ | スノボーのスー

B/S540 インディグラブ

スノーボードでジャンプ台の飛び方(スタイル編)。
今回のテーマはB/S540インディグラブです。

<B/S540インディグラブ>

(ライダー:寺島陽一

狙っているスタイル

こんなスタイルを狙ってます。



・インディグラブしながら、エアの後半に向かってB/Sシフティ


必要な技術

このトリックをメイクするにはこれらの技術を覚えておく必要があります。

B/S540
インディグラブ


やり方

1)ノーグラブのB/S540と同じようにアプローチする



2)ノーグラブのB/S540より少し多めにスピンするつもりで、先行動作を少し強めにして踏み切る
B/Sスピンでのインディグラブは、グラブしようとする動きがスピンを止めようとする動きになります。
また、スタイルを作る時の動作でも回転スピードが落ちるので、踏み切り時に少し多めにスピンするように先行動作をします。





3)回転力がしっかりついたことを確認しながら、両膝を引き上げていく
回転力に身を任せながら、グラブするための姿勢を作っていきます。

踏み切り終わった直後は、上半身がスノーボードと同じぐらいか、少し多くスピン方向に上半身が回っています。

この姿勢のままではインディグラブがしづらいので、上半身(肩と骨盤)を左に、下半身を右に少し回して、グラブしやすい姿勢を作りながら両膝を引き上げていきます。





4)180度ぐらい回ったところで、右手で両足間のトゥエッジ側をグラブする
ノーズボーンしやすくするために、右足寄りをグラブするようにします。
踏み切り直後にグラブするようにイメージしていると、回転力をつけきれなくなる(適切な先行動作が出来なくなる)原因になるので注意してください。



5)B/Sにシフトしながらノーズボーンする
左手・左肩を後ろ上方向に引き上げながら、左足を右前方向に伸ばしてノーズボーンします。
このとき、左腰を後ろに引くことを意識するとシフトを作りやすくなります。

スタイルをしっかり作ると回転スピードが少し遅くなります。
そのため、回転量が足りない場合は無理にスタイルをつくらないようにしてください。





6)スタイルを保ったまま、スピンして行く
回転力に身を任せて、スタイルを保ったままスピンして行きます。





7)程よいところで、グラブを離しながら着地に合わせていく
グラブしている間、着地に合わせる体のひねりと同じ方向に身体が向いているので、スピン量が合っていれば着地直前までグラブしていることができます。












>B/S540系 -INDEX-
>>スノーボードでジャンプ(スタイル編) -INDEX-
>>>スノーボードでジャンプ -INDEX-
>>>>スノボーのスー -TOP-