スノーボードでジャンプ:B/S180テール | スノボーのスー

B/S180テールグラブ

スノーボードでジャンプ台の飛び方(スタイル編)。
今回のテーマはB/S180テールグラブです。

<B/S180テールグラブ>

(ライダー:鈴木 卓郎

狙っているスタイル

こんなスタイルを狙ってます。



・両膝を曲げたまま、左手を上げずにグラブ


必要な技術

このトリックをメイクするにはこれらの技術を覚えておく必要があります。

B/S180
テールグラブ
F/Sシフティ


やり方

1)ノーグラブのB/S180と同じようにアプローチする



2)スノーボードが曲がっていかないように、まっすぐにしたままキックを上っていく



3)スノーボードを真っ直ぐ抜くように意識しつつ、いつものB/S180よりも上半身の先行動作を少し多めに入れながら(上半身をいつもより少し多めに右に回しながら)踏み切る
理路的な言い方をすると、F/SにシフトしながらB/S180の踏切りをする。ということになります。

普通にB/S180をすると上半身とスノーボードが連動して回ってしまうので、スノーボードが回っていかないように、下半身を左回り、上半身を右回りに回して、体をヒネりながら踏み切るんです。

ですが、「シフトしながら踏み切る」というイメージでは難しいので、「スノーボードを真っ直ぐ抜きながら、上半身をいつもより少し多く右に回して踏み切る」イメージで飛んでいます。

とはいっても、B/S180なのでほとんど先行動作はいりません。



4)空中に出てもスノーボードは回さずに、上半身を後ろに向けていきながら右膝を胸の真ん中に引き寄せる
リップを抜けた後も、スノーボードを回さないようにしながら、上半身だけを後ろに回していきます。
理論的に言うと、F/Sのシフトを増やしている(もっとヒネっている)状態です。

通常のF/Sシフティは右足を延ばしていきますが、ここではテールグラブするために右膝を胸の真ん中に引き寄せていきます。

既にスピンしているのですが、スノーボードの向きが変わっていないので、一見まだスピンしていない様に見えています。

(体の軸はスピンしているのですが、F/Sにシフトすることでスノーボードが真っ直ぐに向いたままにしている状態です。)




5)右膝を胸の真ん中にくっつくぐらいまで引き上げる
左手を上げくなてもテールに右手が届くようにするために、胸の真ん中に付くぐらいまで右膝をしっかり引き上げます。
引き上げが足りないと、このスタイルは作れません。



6)右手でテールをグラブする
3)〜4)の動きが上手く出来ていれば、体がF/Sにシフトされるので、テールが自分の前に来て、右手が後ろに引かれて、右手とテールの距離が近くなります。

その上で、左膝がしっかり引き上がっていれば、右手とテールの距離が最短になるので、そこでグラブします。
(自分からグラブしにいってもなかなか届かないので、3)〜5)の動きをしっかりとやってください。)

左足を下に伸ばせばもっとテールが近づいてきますが、左足を伸ばすとスノーボードがナナメになってしまうので(狙ったスタイルにならなくなるので)、左足は軽く曲げたままにしています。



7)グラブしたら体を固定して、スピンに身を任せる
グラブしたらスノーボードと一緒にスピンしていきます。
あまり動かない方が浮遊感がでるので、無駄な動きをしないように体を軽く固めて、回転力に身を任せてスピンます。





8)程よいところで、グラブを離しながら着地に合わせていく
写真では、ほぼぴったり回っている(スピンの余りや不足がない状態)ので、ぎりぎりまでグラブしたままにしています。

スピンが足りない時や余っている時は、早めにグラブを離してランディングに合わせてください。





鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>B/S180系 -INDEX-
>>スノーボードでジャンプ(スタイル編) -INDEX-
>>>スノーボードでジャンプ -INDEX-
>>>>スノボーのスー -TOP-