スノーボードでジャンプ:B/S180ミュート | スノボーのスー

B/S180ミュートグラブ

スノーボードでジャンプ台の飛び方(スタイル編)。
今回のテーマはB/S180ミュートグラブです。

<B/S180ミュートグラブ>

(ライダー:鈴木 卓郎

狙っているスタイル

こんなスタイルを狙ってます。



・レイトにスピン(前半にスピンしていないように見せて、後半一気にスピンしているように見せる)
・テールボーン


必要な技術

このトリックをメイクするにはこれらの技術を覚えておく必要があります。

B/S180
ミュートグラブ
F/Sシフティ


やり方

1)ノーグラブのB/S180と同じようにアプローチする



2)スノーボードが曲がっていかないように、まっすぐにしたままキックを上っていく




3)スノーボードを真っ直ぐ抜くように意識しつつ、いつものB/S180よりも上半身の先行動作を少し多めに入れながら(上半身をいつもより少し多めに右に回しながら)踏み切る
理路的な言い方をすると、F/SにシフトしながらB/S180の踏切りをする。ということになります。

普通にB/S180をすると上半身とスノーボードが連動して回ってしまうので、スノーボードが回っていかないように、下半身を左回り、上半身を右回りに回して、体をヒネりながら踏み切るんです。

ですが、「シフトしながら踏み切る」というイメージでは難しいので、「スノーボードを真っ直ぐ抜きながら、上半身をいつもより少し多く右に回して踏み切る」イメージで飛んでいます。

とはいっても、B/S180なのでほとんど先行動作はいりません。



4)空中に出てもスノーボードは回さずに、上半身を後ろに向けていきながら両膝を引き上げる
リップを抜けた後も、スノーボードを回さないようにしながら、上半身だけを後ろに回していきます。
理論的に言うと、F/Sのシフトを増やしている(もっとヒネっている)状態です。

通常のF/Sシフティと同じように、左手左肩を後ろに引き上げながら、右足を前に出すようにすると、この後のグラブ、テールボーンにスムーズにつなげられます。

既にスピンしているのですが、スノーボードの向きが変わっていないので、一見まだスピンしていない様に見えています。(レイトにスピン)

体の軸はスピンしているのですが、F/Sにシフトすることでスノーボードが真っ直ぐに向いたままにしている状態です。




5)左手で両足間のトゥエッジ側をグラブする
3)〜4)の動きが上手く出来ていれば、体がF/Sにシフトされるので、左手が自分の前に来てミュートグラブしやすい姿勢になっています。

その上で、両膝がしっかり引き上がっていれば、左手とグラブ位置の距離が近づくので、そこでグラブします。
(自分からグラブしにいってもなかなか届かないので、3)〜5)の動きをしっかりとやってください。)

写真ではうっかり左足寄りをグラブしていますが、もっと右足寄り(真ん中あたり)をグラブした方がこの後のスタイルが作りやすいです。




6)グラブしたら、左手・左肩を後ろに引き上げながら、右足を前下方向にしっかり伸ばす
このスタイルはレイトにスピンする動き(スピン前半のF/Sシフティ)とグラブした後のスタイルの作り方が同調しているので、グラブしている時点で狙ったスタイルに近い姿勢になっているはずです。

ここからよりスタイリッシュにするために、もっとF/Sにシフトしながらテールボーンします。





7)ランディングを確認しながら程よいところで、F/Sシフティをやめて体のねじれを戻していく
この体のねじれを戻す動きが、スピン後半に一気にスピンしているように見える原因です。
ここまでF/Sシフティをし続けていたので、スノーボードの向きがリップを抜けてからあまり変わっていませんでした。

ここから体のねじれを戻すことで「実際のスピンスピード」と「体のねじれを戻すことでスノーボードが右回りに回る動き」が合わさって、スノーボードの回転スピードが速くなるので、後半に一気にスピンしているように見えるのです。

また、通常のB/S180と違ってランディングが丸見えです。
初めてやると、視界の違いにびっくりするかもしれませんので心に留めておいてください。




8)7)をしながら、グラブを離す
シフトを戻すタイミング、グラブを離すタイミングは、着地を確認しながら調節してください。




9)ランディングに合わせて着地




鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>B/S180系 -INDEX-
>>スノーボードでジャンプ(スタイル編) -INDEX-
>>>スノーボードでジャンプ -INDEX-
>>>>スノボーのスー -TOP-