B/S180 メランコリーグラブ | スノボーのスー

B/S180メランコリーグラブ

スノーボードでジャンプ台の飛び方(スタイル編)。
今回のテーマはB/S180メランコリーグラブです。

<B/S180メランコリーグラブ>

(ライダー:鈴木 卓郎

狙っているスタイル

こんなスタイルを狙ってます。



・自然な姿勢でグラブ


必要な技術

このトリックをメイクするにはこれらの技術を覚えておく必要があります。

B/S180
メランコリーグラブ


やり方

1)ノーグラブのB/S180と同じようにアプローチする



2)いつものB/S180と同じように踏み切る
いつものB/S180と同じように、軽く先行動作を入れながら踏み切ります。

グラブを意識しすぎると、踏み切るときにグラブしようとする動きをしてしまうことがあるので注意してください。
ここではまだ、安定したB/S180をすることに集中してください。




3)空中に出たら両膝を引き上げながら、上半身を左に、下半身を右にまわして体を少しひねる
両膝を引き上げながら、上半身を左に、下半身を回して体を少しひねります。

着地時に使う身体のひねりと同じ動きですし、ひねる量もほんのちょっとなので、あまり違和感なく動けると思います。
早い段階で着地に合わせる動きをしてしまう感じです。

ただし、リップを抜けて回転力が付いていることを確認してから、ひねってください。
リップを抜ける前にひねろうとすると、バランスを崩す原因になります。




4)しっかり膝を引き上げて、左手で両足間のヒールエッジ側をグラブする
自然な姿勢を作るために右手を引き上げないので、左手はあまり伸ばせません。(スノーボードまで届きづらいです。)

そのため、ふとももが胸に付くぐらい膝を引き上げてスノーボードを左手にしっかりと近づけてください。

上手く体がひねられていれば左手が背中側(ヒールエッジ側)に行っているので、膝が引き上がると自然と左手の近くにヒールエッジが近づいてきます。

そこでグラブします。



5)そのまま身体を固定してスピンしていく
グラブしたら、そこで身体を固定してスピンに身を任せて回転していきます。






6)程よいところで、グラブを離しながら着地に合わせていく
ラングィングを確認しながら、程よいタイミングで着地に合わせていきます。
空中姿勢と着地時の姿勢が似ているので、結構ギリギリまでグラブしたままでもスムーズに着地できます。






鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>B/S180系 -INDEX-
>>スノーボードでジャンプ(スタイル編) -INDEX-
>>>スノーボードでジャンプ -INDEX-
>>>>スノボーのスー -TOP-