スノーボードでジャンプ:B/S180 B/Sシフティ | スノボーのスー

B/S180 B/Sシフティ

スノーボードでジャンプ台の飛び方(スタイル編)。
今回のテーマはB/S180B/Sシフティです。

<B/S180B/Sシフティ>

(ライダー:鈴木 卓郎

狙っているスタイル

こんなスタイルを狙ってます。



・ゆっくりしっかりB/Sシフティ


必要な技術

このトリックをメイクするにはこれらの技術を覚えておく必要があります。

B/S180
B/Sシフティ


やり方

1)ノーグラブのB/S180と同じようにアプローチする



2)いつものB/S180と同じように踏み切る
いつものB/S180と同じように、軽く先行動作を入れながら踏み切ります。
空中に出る前にB/Sシフティをしようとするとバランスを崩しやすいので、いつも通りの安定したB/S180をすることに集中してください。

映像を見ると通常のB/S180よりもスピンスピードが速く見えるかもしれませんが、体をひねってスノーボードをスピン方向に回していることがスピンスピードが速く見えるように錯覚しているだけです。

スピン量は通常のB/S180と変わりません。




3)空中に出たら、十分な回転力が付いているか確認する
踏切り終わったら、まず十分な回転力が付いてることを確認します。
あせって、B/Sシフティをしにいくとミスの原因になるので注意してください。




4)B/Sにシフトする
上半身を左に、下半身を右に回して体をひねっていきます。
体のひねり方はストレートのB/Sシフティと一緒です。

左手・左肩を後ろに引き、右手・右肩を前に突き出して上半身を左に回していきます。
同時に、左足を右に回しながら右足を後ろに少し伸ばして、下半身を右に回します。

B/Sシフティをするために、目線は左に向けていきます。
(キッカーの右側を見ていきます。)

合わせて、雪面までの高さも把握しておきます。




5)左手・左肩を後ろに引き、右手・右肩を押し出しながら、右足を伸ばす
ひねりを強くするために、左手・左肩をしっかり後ろに引き、右手・右肩を左前方向にしっかり突き出しながら、右足を後ろに伸ばしていきます。

スノーボードを回そうとすることだけに意識が行ってしまって、上半身の動きが弱くなりやすいです。
しかし、左手・左肩と右手・右肩の動きがしっかり出来ていないとひねりを強く出来ないので、忘れずに行ってください。

スノーボードが180度回っているので一見してスピンも180度回っている様に見えますが、実際には通常の180と同じ分しか回っていません。
スノーボードが180度回っているのは、体をひねって右足を伸ばしているためです。

体をひねる量と右足を伸ばす量が多いほどスノーボードも多く回ったスタイルになり、体をひねる量と右足を伸ばす量が少ないとスノーボードもあまり回っていないスタイルになります。





6)程よいところで、体のひねりを戻しながら着地に合わせていく
着地に合わせて、体のひねりを戻していきます。
合わせて、左に向けていた目線を通常のB/S180の着地の目線(両足間からランディングを確認する)に戻していき、着地します。

なお、スノーボードがスピン方向に回らずに落ちていっているのでスピンが止まっているように見えますが、体のひねりを戻している分スノーボードがスピン方向とは逆に回っているだけで、スピンが止まっているわけではありませんので注意してください。







鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>B/S180系 -INDEX-
>>スノーボードでジャンプ(スタイル編) -INDEX-
>>>スノーボードでジャンプ -INDEX-
>>>>スノボーのスー -TOP-