スノーボードでジャンプ:スイッチで気をつけること|スノボーのスー

スイッチで飛ぶときの注意点

スノーボードでジャンプ台の飛び方(理論、知識編)。
今回のテーマはスイッチスタンスでのジャンプです。

スイッチスタンスでアプローチして飛ぶときでも、どんなトリックでもメインスタンスとほとんど一緒です。
しかし、スイッチスタンス独特の特徴があるので、ここで説明しておきます。

スイッチのトリックをするときに注意してください。


基本姿勢が崩れやすい
メインスタンスの基本姿勢に慣れてしまっているため、スイッチになってもメインスタンスの基本姿勢に近い体勢になりやすいです。
具体的に言うと、進行方向に対して骨盤と肩が閉じて、おしりが進行方向へ向いてしまいやすいのです。
自分では正しい姿勢をしているように感じてしまうので、かなり意識しないと治りません。

スイッチスタンスの基本姿勢を完璧にすることが一番ですが、骨盤の向きを右つま先の向きと同じ方向に向けること(右足の角度をあまり開いていない場合や、ダックスタンスじゃない場合は右足の角度より少し多めに開くと良いです)と、右肩を開くことを意識するだけでもかなり良くなります。


右足に体重がかかりやすい
スイッチスタンスでは、右足に体重がかかりやすいので、スノーボードの真ん中にのるように意識しましょう。


右足で踏み切ってしまう
右足で踏み切ることに体が慣れているので、右足で踏み切ってしまいやすいです。
なので、左足で踏み切ることをしっかり意識して下さい。
また、右膝を引き上げることもおろそかになりやすいので、しっかり意識して下さい。


3つとも意識する必要あり
基本姿勢が崩れると、より右足に体重がかかりやすくなります。
基本姿勢が崩れていなくても、スイッチスタンスは右足に体重がかかりやすいので、基本姿勢が崩れていると非常に右足に体重がかかりやすくなってしまいます。

また、右足に体重がかかると右足で踏み切ってしまう原因になります。
右足に体重が掛かっていなくても右足で踏み切りやすいので、右足に体重が掛かっていたら、もっと右足で踏み切ってしまいやすくなるということです。

そのため、基本姿勢、重心の位置、踏み切る足の3つともしっかり意識する必要があります。









>スノーボードでジャンプ(理論、知識編) -INDEX-
>>スノーボードでジャンプ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-