スノーボードでジャンプ:シフトの理論 | スノボーのスー

シフトの理論

スノーボードでジャンプ台の飛び方(理論、知識編)。
ここでは、シフトするとはどのようなことなのか解説します。

シフティなどの、シフトするトリック(体をひねるトリック)が上手く出来ない人は、シフトする仕組みがわかってないことが多いです。
そういう人はシフトの理論を知るだけで、かなりやりやすくなると思います。


ストレートエアでのシフト

スノーボードの向きに目が行きやすいので、下半身だけをひねっているように見えますが、そうではありません。
上半身と下半身をそれぞれ反対方向にひねっているのです。

<まっすぐの状態からシフティ>


体の向きは変わらず、体をひねっているだけなので、元に戻せるわけです。
(体のひねり以上にシフトしているように見せるには、足を伸ばして板の角度を変えます。)

<シフティから戻す>


そもそも、下半身だけをひねるということはできません。
下半身だけがひねられているような状態は、回ってしまっている状態なんです。

<下半身だけひねられてるのは回っちゃってる状態>


なので、上半身を使わずに下半身だけでどうにかしようとしても、シフトはできません。
基本的には、下半身をひねる量と上半身のひねる量は同じ分だけ必要です。
逆に言うと、上半身をたくさんひねれば、下半身もたくさんひねられます。

シフトするトリックで上半身の動きが重要視されるのは、そういう意味があったんです。
上半身の動きを意識すれば「やりやすい」のではなく、上半身がひねられてないと「シフトできない」んですね。


おおまかな理論がわかったところで、もっと具体的な例で説明します。


基本的には、上半身がちゃんとひねられればどんなやり方でもOKです。
しかし、慣れないうちは空中であせってしまい「上半身をひねる!」と思ってもなかなか自然に動けないと思います。
そこで、動かす部位を絞って動かすことで、上半身をひねります。

例えば、F/Sシフティの場合、「右手右肩を後ろに引く」ことがポイントになります。
本来であれば、両手両肩を下半身と反対方向(時計回り)に回すのが良いのですが、はじめから全部を動かすことは難しいと思います。

そこで、右手でリードすることと、右肩を回すことに重点をおくのです。
もちろん、慣れてきたら左肩もまわすようすると、もっとひねりやすくなります。


グラブした場合は、状況が変わります。

例えば、ステイルフィッシュグラブF/Sシフティの場合、「左手左肩を回す」ことがポイントになります。
右手でグラブしているので、右肩を回すことがムズかしいからです。
ただし、グラブしてる方の肩もまったく回せないわけではないので、余裕があれば、右肩も引くようにすると、もっとひねりしやすくなります。

こんな感じで、グラブしているときはグラブしていない方の手・肩を使って上半身のひねりをリードします。

そのほかの例も上げてみましょう。

●B/Sシフティの場合
右手右肩を前に突き出します。
左肩を引くように意識できると、よりひねりやすくなります。

●トゥイークの場合
左手でグラブしているので、空いている方の右手右肩をしっかり突き出すことが重要になります。
余裕があれば、左肩も引くようにすると、よりシフトしやすくなります。

なんとなく理解できたでしょうか。

トリックそれぞれのポイントはそれぞれの解説ページで紹介しますので、ここでは上半身の重要性と、上半身をひねるときのコツがあることが理解できていればオッケーです。


スピンの中のシフト

スピン中にシフトすることで、いれいろなスタイルを出すことができます。
代表的なものは、レイトのスピンやシャッフルと呼ばれるものです。

レイトと言うと、ジャンプの前半ではあまり回らずに、後半で一気にスピンすることを言います。
例えば、B/S180の場合、途中まではまっすぐ飛んで、最後に180度回る感じです。

と、勘違いしてる人がよくいます。(笑)

残念ながら、始めは回ってなかったのに、途中から回り始めることなんてできません。

これは、シフトを上手く使って前半であまり回ってないように見せてるんです。
要は、目の錯覚ですね。

先程のB/S180で言うと、B/S180をしながらF/Sシフティをしてるんです。
で、着地まえに体のひねりを戻しています。
こうすると、体は回っているのに、スノーボードが回っていないので、最後にスピンしたように見えるわけですね。

<レイトB/S180>


シャッフルも同様で、回転速度が速くなったり遅くなったりするように見えますが、F/SとB/Sのシフティを繰り返してるだけです。

他にも、スピンを止めたように見えたり、回り過ぎのように見えるものなんかも、シフトを上手く使っているんです。
スピン中にシフトするとどう見えるか想像すれば、やり方は理解できると思います。









>スノーボードでジャンプ(理論、知識編) -INDEX-
>>スノーボードでジャンプ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-