スノーボードでジャンプ:着地時の重心位置 | スノボーのスー

着地時の重心の位置

スノーボードでジャンプ台の飛び方(理論、知識編)。
今回のテーマは、着地する時の重心の位置についてです。

メイク率の高い重心の位置を理論的に説明します。


着地できる重心の位置

着地時の重心の位置は、両足間のど真ん中が基本です。

<着地時の重心の位置(基本)>


しかし実際には、ある程度の許容範囲があります。


許容範囲である重心の位置の幅は、両足間のど真ん中から右足の内側の間です。
この間に重心をおいて着地すれば、安全にバランスよく着地することができます。

<バランス良く着地するための重心位置の幅>


基本的には、ど真ん中に近いほど安定感のある着地ができます。

この幅よりも外側に重心が行ってしまうと、バランスを崩す可能性が一気に高まります。
しかし、滑走能力が高ければ多少の重心のズレはリカバリーできるので、滑走能力が高いほど、この幅は広くなります。

ただし、重心の位置が後ろに行く分にはリカバリーできる幅は結構広がりますが、重心の位置が前に行く幅はほとんど広がりません。

これは着地時の重心の位置が両足間の真ん中より前(左足寄り)になると、ノーズが詰まったり、刺さったりして、バランスを大きく崩す原因になるからです。

そのため、「両足間のど真ん中のちょっと前(左足寄り)から、右足のちょっと後ろ(外側)あたりまで」の幅が、滑走能力でカバーできる範囲だと思ってもらって良いと思います。

<滑走能力(技術力)でカバーできる重心位置の幅>


ただし、着地点の雪質、斜度、歪みなどに大きく影響されるので、あくまでも理論上の話として理解してください。


着地時の理想的な重心の位置

メイクできる重心の位置の幅を理解して頂いたところで、今度は理想的な着地時の重心位置について説明します。

前述している通り、着地時の重心の位置は両足間のど真ん中が基本です。

<着地時の重心の位置(基本)>


しかし、それはあくまでも「基本」の話で、実際にはちょっと後ろぐらいで着地するのがベストです。

<着地時の重心の位置(理想)>


これは重心をちょっと後ろにして着地した方がメイク率が高くなるためです。

以下に、それぞれの【メリット】【デメリット】を挙げて具体的に比べていきます。


A.重心の位置がど真ん中で着地
【メリット】
●バランスがとりやすい(滑走能力が低くてもメイクしやすい)
●重心の位置が狙いよりもちょっと後ろになっても(ちょっとまくられても)リカバリーできる
●かっこいい

【デメリット】
●着地点がパウダーだったり、柔らかかったりするとノーズ(スイッチ着地の場合はテール)が刺さりやすい
●着地点が歪んでいても、ノーズが刺さりやすい
●重心の位置が狙いよりもちょっと前になるだけでメイクできなくなる

まとめますと。
狙い通りにハマればバランス良くかっこ良く着地できます。
しかし、ちょっとミスするとメイクするのが難しくなる上に、着地点の状況に影響されやすいのでメイク率が低くなります。


B.重心の位置がちょっと後ろで着地
【メリット】
●重心の位置が狙いよりちょっと前になってもメイクできる
●着地点がパウダーだったり、柔らかかったりしてもノーズ(スイッチ着地の場合はテール)が刺さりづらい
●着地点が歪んでいても、ノーズが刺さりづらい

【デメリット】
●重心の位置が後ろになっても安定して滑れる滑走能力が必要
●ジャンプ初級者が「ちょっと後ろ」を狙って飛ぶと、まくられやすい
●ど真ん中着地に比べて、ちょっとだけかっこ悪い

ちなみに、滑走能力が高ければ、重心の位置がかなり後ろになってもメイクできるので、「重心の位置が狙いよりもちょっと後ろになるだけでメイクできなくなる」というようなデメリットはありません。

まとめますと。
ある程度の技術力があれば、ちょっとぐらいのミスであればリカバリーしやすく、着地点の状況にも影響されづらいのでメイク率が高くなります。


まとめ
これらA.とB.の理由により、「重心の位置がちょっと後ろ」で着地するのがベストなんです。

しかし、それぞれの【メリット】【デメリット】にあるように、滑走能力とジャンプの技術力がある程度のレベルに達してないと「重心の位置がちょっと後ろ」の着地を狙う価値がないので、「ど真ん中」を「基本」としています。

重心のコントロールがある程度出来るレベルになれば、初めてやるトリックでもちょっと後ろを狙ってOKです。









>スノーボードでジャンプ(理論、知識編) -INDEX-
>>スノーボードでジャンプ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-