スノーボードでジャンプ:ジャンプ台の種類 | スノボーのスー

ジャンプ台の種類

スノーボードでジャンプ台の飛び方(理論、知識編)。
ここでは、ジャンプ台の種類を紹介します。

ジャンプ台には様々な形があります。
ここではゲレンデによくあるタイプと、有名どころのタイプを紹介します。


キッカー(ステップダウン)
一番よくあるタイプです。
ジャンプ台を総称してキッカーと呼ぶこともあります。



テーブルトップ
リップとランディングに落差がないジャンプ台です。
落差が少ないので、ジャンプ台に慣れてない人でも、比較的安全に遊べます。



スパイン(ヒップ)
左右の好きな方向に斜めに飛んで遊びます。
真っ直ぐリップの反対側まで飛べるようになっているものもあります。
リップの反対側まで飛ぶことを「全越え」といいます。
左右どちらかにしか飛べないようになっていたり、リップが三角じゃないものはヒップと呼びます。
あんまり違いはないのでどっちで呼んでも良いと思います。

<スパイン>


<ヒップ>



ハーフパイプ
オリンピックとかでやってるあれです。
パイプを半分にしたような形なのでハーフパイプです。



クォーターパイプ
ハーフパイプを半分にしたものです。
ハーフパイプはナナメにしかエントリーできませんが、クォーターパイプは正面からエントリーできるように作ることができます。



キャニオン
リップとランディングの間に穴があいてるキッカーです。
ミスした時の危険度はハンパじゃないです。
自信がある人しか飛んじゃいけません。



ナチュラルキッカー
スキー場外の自然の起伏を利用して作ったジャンプ台のことです。


ロードギャップ
キックとランディングの間に道路がある状態のジャンプ台です。
もちろん、スキー場にはないです。










>スノーボードでジャンプ(理論、知識編) -INDEX-
>>スノーボードでジャンプ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-