スノーボードでジャンプ:イメージの作り方 | スノボーのスー

イメージ+α(一歩先行くイメージの作り方)

スノーボードでジャンプ台の飛び方(理論、知識編)。
今回のテーマは、イメージの作り方です。

ちょっと考えれば分かることなのですが、言われてみて初めて気づくようなことが意外とあります。
ここではこのような、意外と気づかないけど、知っておくと便利な知識・イメージの作り方を紹介します。
ジャンプ台を飛ぶときのイメージ作りに参考にしてください。


ランディングに板を合わせる時のポイント

ジャンプ台の着地では、着地前にスノーボードと体をランディングの斜度に合わせて行きます。
このとき、ランディングの斜度にピッタリ合わせるより、ランディングの斜度よりも少し体を起こすように合わせるとメイク率が上がります。

ランディングピッタリにあわせようとすると、ちょっとミスしただけで突っ込みすぎてしまったり、ちょっと飛びすぎるただけで斜度に合わなくなったりするためです。

<突っ込み過ぎ>


<飛びすぎると、突っ込み過ぎたのと同じ状態になる>


逆に、板と体が起きていれば、多少体が前後にズレてもメイクすることが出来ます。
(滑走能力が高いほど、体が後ろに大きくずれてもメイクできます。)

<体が起きてても立てる>


特に、ランディングが柔らかいときはランディングの斜度ピッタリに合わせるとスノーボードが刺さって転倒するので、スノーボードと体を起こし気味で合わせないとメイクできません。


リップは自分の下にある

飛ぶジャンプ台が大きくなってくると、リップが高いところにあるように感じます。
実際、アプローチから見ると高いところにあるわけですが、踏み切る瞬間は自分の足下にあることを忘れがちです。

リップが高いところにあるイメージで飛ぶとまくられやすい上に、恐怖感が増えて、ミスする原因になります。

<恐怖感が増え、ミスしやすい>



しかし、どんなに大きなジャンプ台でも踏み切る瞬間は自分の足下にリップがあるとイメージするとまくられづらくなり、恐怖感が減って余裕を持って飛ぶことが出来るようになります。

<どんなに大きなジャンプ台でも最後は自分より低くなる>










>スノーボードでジャンプ(理論、知識編) -INDEX-
>>スノーボードでジャンプ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-