スノーボードでジャンプ:高さの秘密 | スノボーのスー

高さの秘密

スノーボードでジャンプ台の飛び方(理論、知識編)。
ここでは安定して高く飛ぶために必要な条件を説明します。

ジャンプ台で高く飛ぶにはおもいっきりオーリーすれば良いってもんじゃありません。
ジャンプ初級者にはなかなか難しい内容ですが、勘違いしないためにもしっかり理解しておいて下さい。

高さを出すためのポイントは以下の3つです。


1)踏み切るタイミング

当たり前のことですが、高いところから飛んだほうが高く飛べます。
そのため、リップをぎりぎりまで上ったところで踏み切るのが一番高く飛べます。

初めてのジャンプで説明している通り、右足の小指がリップにかかる所で踏み切るのがベストタイミングです。
それより遅いとまくられてしまうので、これ以上高いところでは踏み切れません。

踏み切るタイミングが早い場合は、早ければ早いほど低くなり、ベストタイミングに近いほど高く飛べます。
(右足の下にリップがかかるぐらいのタイミングで踏み切れれば、とりあえず合格です。)

<タイミングによる高さの違い>


また、タイミング良く踏み切ると、トランジションでしなった板が反発してくるのと、オーリーの反発が合わさって、オーリーの高さが増します。
(トランジションのRがデカイとき、リップ付近のフラットが長い場合は板が反発してこないので、通常のオーリーと一緒です。)


2)右膝を伸ばしきって踏み切る

右膝を伸ばしきることで、「高い位置から飛べる」ことと「オーリーがかかりやすくなる」ことの2つの効果があります。


高い位置から飛べる
右膝が伸びると腰の位置が高くなります。
「高さ=重心の高さ」なので、踏み切り時の重心の高さが高いほど、高い位置から飛ぶのと同じことになります。
重心は腰付近にあるので、踏み切り時に腰が高い位置にあるほど高く飛べるというわけです。

<重心の高さによる違い>



オーリーがかかりやすくなる
オーリーの項目で説明しているとおり、効率よく高いオーリーをするためには、右膝を伸ばしきって踏み切る必要があります。


3)オーリーの高さ

ここで言うオーリーの高さは、普通に滑っている時のオーリーの高さのことです。
普通に滑っているときのオーリーが高い方がジャンプ台でも高く飛べることは、感覚的に分かると思います。

気をつけて欲しいことは、ジャンプ台で強くオーリーすれば良いわけではないということです。

ジャンプ台で高さを出そうと思うと、おもいっきりオーリーをかけようとしてしまいやすいです。
しかし通常、ジャンプ台で100%の力でオーリーすることはありません。
管理人の感覚では30%ぐらいです。
どんなに高さを出したい時でも50%ぐらいまでの力でしかオーリーしません。

前述のとおり、高く飛ぶために必要な条件はオーリーの高さだけではありません。
それどころか、強くオーリーしても、1)2)をミスしてしまってはオーリーがしっかりかかりません。
しかも、力を入れるほど1)2)をミスする可能性が高くなる上に、バランスを崩しやすくなります。

そのため、1)2)と安定性を重視して、軽く踏み切るのです。

このような理由から、30%の力でオーリーしていたのを60%の力に増やすのではなく、同じ30%の力でも高く飛べるように普段のオーリーの高さを上げることが、ジャンプ台で高く飛ぶためのポイントになるわけです。


まとめ

これらの3項目で重要なのは1)と2)で、3)の重要度は低いです。
高くオーリーできなくても1)2)の技術が上がれば、結構な高さを出すことが出来ます。

1)2)を身につけた上で、それ以上の高さが欲しければ、普通に滑っているときのオーリーの高さを上げる練習をすれば良いと思います。
(もちろん、安定したオーリーをする技術はジャンプ台を飛ぶ前に身につけておくことが必要です。)

強く踏み切っても安定して飛べるように練習することは無駄とは言いませんが、1)2)3)がほぼ完璧に出来るようになってからの方が良いです。
しかし、1)2)3)がほぼ完璧に出来るようになれば十分高く飛べるので、それ以上の高さが欲しいとはあんまり思わないと思います。









>スノーボードでジャンプ(理論、知識編) -INDEX-
>>スノーボードでジャンプ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-