スノーボードでジャンプ:グラブの理論 | スノボーのスー

グラブの理論

スノーボードでジャンプ台の飛び方(理論、知識編)。
今回のテーマはグラブの理論です。

グラブをするときは、グラブしない方の手の動かし方が重要です。
では、なぜ重要なのか?

ここで、その理由を解説します。
理由を知っていた方が、イメージしやすくなるはずです。


第一段階

手の動かし方に入る前に、基本である膝の引き上げについて説明します。

グラブするためには、膝をしっかり曲げて引き上げておく必要があります。
膝が引き上がっていないと、手が届きません。

<膝が引き上がっていないと>


<全然届かない>


無理に手を届かそうと頑張ると頭が下がります。
これは、地上でもやってみればわかります。

<無理にグラブしようとするとバランスを崩す>


空中で、頭が下がるとバランスが崩れるので、グラブどころか転ぶ原因になります。
ですので、グラブするためにはしっかり膝を引き上げられるようになっておく必要があります。


第二段階

膝を引き上げられるようになったら、次はグラブのやり方です。

インディグラブを例にして説明します。
インディグラブなので、右手で両足間のトゥエッジをつかみます。
この時、左手を上げることがポイントになります。

右手でグラブするために、左手を上げることがポイントになる理由は、左手を上げると左肩が上がり、右肩が下がるためです。
右肩が下がると、板までの距離が短くなりますよね?
それで、グラブがしやすくなるわけです。

<ここから>


<右手だけ伸ばしても届かない>


<左手を引き上げれば届く>


<無理にグラブしにいくとやっぱり頭が下がる>


グラブしない方の手が重要なのは、グラブする方の肩を下げて板までの距離を短くするためなんです。


おまけ

膝の引き上げが完璧にできるようになれば、グラブしない方の手を下げたままでも十分手が届く所まで板をもってこれるようになります。

<ここまで引き上げれば>


<簡単にグラブできる>










>スノーボードでジャンプ(理論、知識編) -INDEX-
>>スノーボードでジャンプ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-