スノーボードでジャンプ:初めてのジャンプ | スノボーのスー

初めてのジャンプ

スノーボードでジャンプ台の飛び方(理論、知識編)。
ここでは、初めてジャンプ台を飛ぶ人、ジャンプ初心者向けの練習方法、必要な知識を紹介します。
ジャンプ台にチャレンジする前に必ずチェックしておいて下さい。

既に飛んでいる人でも、知らないことがあるかもしれませんので、一応確認しておきましょう。


飛ぶことに慣れておく

初めてジャンプ台で飛ぶ前に、ゲレンデの小さなギャップや斜度変化などで何度も飛んで、飛ぶことになれておきましょう。
いつでも自信をもって安定したオーリーができるようになっておくことが理想です。

ゲレンデで安定したオーリーができないのに、ジャンプ台に入るのはかなり危険です。

また、ジャンプ初級レベルでは、ジャンプ台で練習するよりゲレンデで何度も飛ぶ方が上達が早いです。
ジャンプ台で1回飛ぶ間に、何回も飛べるので当然ですよね。
ですので、安全性も上達の早さもゲレンデで練習したほうが上です。

くれぐれも、実力不足の状態でジャンプ台に入らないようにしてください。


ウェーブでの練習
ウェーブがあったらウェーブを使って練習することができます。
ウェーブでジャンプする場合、図のように頂点を飛び越えるようにオーリーをかけます。

<ウェーブの飛び方>



これがきれいにできるようになれば、ジャンプ台は飛べるはずです。
以下の図を見ればわかりますが、ウェーブはテーブルトップと同じようなものだからです。

<ウェーブの上をカットすると>



間違っても、ウェーブの頂点から飛び降りるように飛んではいけません。
メチャクチャ危険です。

<この飛び方はダメ>



注意!
ウェーブで転ぶとかなり危険なので、スピードやウェーブの形状、雪面状況などに十分注意して練習して下さい。


ジャンプ台の飛び方

ジャンプ台の飛び方について、基本事項を説明します。


飛び出し点と着地点
ジャンプ台ではリップから飛び出してランディングバーンに着地します。
届かなくても、飛びすぎても危険です。
<リップからランディングへ飛ぶ>



踏み切るタイミング
ジャンプ台を飛ぶ時もオーリーするのが基本です。
(両足でジャンプしないように)
オーリーするので、右足で踏み切ります。

この右足がリップに差し掛かった所で踏み切り終わるようにします。

<踏み切るタイミング(横から)>


右足の小指の手前ぐらいで踏み切るのがベストですが、それ以上遅れるとまくられるので気をつけてください。

<このタイミングがベスト(上から)>


踏み切り始めてから踏み切り終わるまで時間がかかるので、どの辺りからオーリーを始めればタイミングが合うかイメージしてオーリーをかけます。

<踏み切り始めるタイミングの違い>



ちなみに、ジャンプ台でかけるオーリーは軽くで十分です。
おもいっきりオーリーしようとするとバランスを崩しやすくなります。


ジャンプ台に慣れる

ジャンプ台にチャレンジする前に、ジャンプ台をナメてジャンプ台の形になれましょう。

まず、テーブルトップか、リップとテーブルの落差が少ない、小さなジャンプ台を見つけて下さい。
このジャンプ台を飛ばないように滑ります。

<テーブルをなめる>



慣れてきたら少しずつ飛んでみましょう。

<少しずつ距離を伸ばす>


徐々に距離を伸ばして、最終的にはランディングまで飛びます。

ただし、何度もいいますが小さなジャンプ台で練習して下さい。
特にリップとテーブルに落差があるジャンプ台の場合はできるだけ落差の少ないジャンプ台を選んで下さい。

落差は大きくても、20〜30cmくらいまでのジャンプ台を選びましょう。
落差が50cmぐらいでも、テーブルに落ちるとかなりの衝撃があります。

大きなジャンプ台ではテーブルに落ちるのはメチャクチャ危険なので、最初からランディングまで飛ばなくてはいけません。


ジャンプ台の安全性をチェック

ジャンプ台を飛ぶ前に、まずジャンプ台の形をみて安全性をチェックします。
残念ながら、スキー場にあるジャンプ台は整備が行き届いているとは限りません。
ジャンプ台を飛ぶのは自己責任です。自分の身を守るために、しっかりチェックしてください。

なお、ここで紹介するものは最低限チェックする必要のあるポイントです。
その他に気にする部分は人それぞれなので、自分なりに安全性をチェックして下さい。


キックをチェック
トランジション、リップが荒れていないか
自分の実力で安全に飛べる程度の荒れ方かチェックします。

トランジションのRは極端に小さくないか
アプローチスピードに対して、トランジションのRが急だとまくられやすくなります。
これも自分の実力を考えて判断します。

<Rがおおきく、まくられづらい>


<Rが小さく、まくられやすい>



リップのフラットの距離は短くないか
Rがリップ近くまで残っていて、リップのフラットが短いと、まくられやすくなります。
これも自分の実力を考えて判断します。

<フラットが十分あり、まくられづらい>


<フラットがほとんど無く、まくられやすい>



テーブルをチェック
テーブルの距離
テーブルの距離を見て、どれくらいのスピードで飛べば良いかチェックします。
デコ部分が大きいときは、どこまで飛ぶ必要があるか分かりにくいのでしっかりチェックしましょう。


ランディングをチェック
ランディングの斜度が足りているか
ジャンプする放物線に対して、ランディングの斜度が足りているかイメージします。

<斜度が十分のジャンプ台>



緩過ぎる場合は着地の衝撃が大きいです。
もちろん、怪我する可能性が高くなります。
これは実力でどうにかなることではないので、できれば飛ばないようにしましょう。

<斜度が不十分で危険>



ランディングが荒れていないか
ランディングが荒れていると、衝撃が大きくなったり、穴にノーズが刺さったりして、危険度が高くなります。
安全に飛べるような荒れ方か判断してください。


ランディングの距離
ランディングの距離が短いとスピードを合わせるのが難しくなります。
どこまで飛んで大丈夫なのかチェックしましょう。

<ランディングが長ければ、多少飛びすぎても大丈夫>


<ランディングが短いとスピード調節が難しい>



ランディングは柔らかいか、硬くないか
ランディングが硬い場合は怪我する可能性が高くなります。
飛ぶかどうかは、自分の実力と相談してください。
パウダーなど、極端に柔らかい場合はノーズが刺さりやすくなるので、それを考慮に入れて飛びましょう。


飛ぶ前の安全確認

ランディングに人がいる時は危険なので飛んではいけません。
しかし、ランディングはアプローチからは見えないので、自分の前に飛ぶ人をチェックしておいて、ランディングから抜けたことを確認してからアプローチに入りましょう。









>スノーボードでジャンプ(理論、知識編) -INDEX-
>>スノーボードでジャンプ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-