スノーボードでジャンプ:ボーンの理論 | スノボーのスー

ボーンの理論

スノーボードでジャンプ台の飛び方(理論、知識編)。
今回のテーマはボーンの理論です。

ちゃんと順番に読んでくれている方は、そろそろ疲れてきたでしょうか。(笑)
今回もボーンするのは足なのに、上半身が重要なのはどうして?ってことを説明します。

これも、知っておいた方がイメージしやすいです。


ボーンと上半身の関係

インディグラブノーズボーンを例に上げて説明します。
インディグラブなので、右手で両足間のトゥエッジをつかみます。
ノーズボーンなので、左足を伸ばします。

この時、左手を引っ張りあげることがポイントになります。
「先生、はーいっ!」って感じです。
こうすることで、左足をしっかり伸ばしやすくなります。

理由は2つです。

バランスを保つため
左足だけを伸ばすと重心の位置が変わります。
空中で重心の位置が変わる。ということは、バランスが崩れる。ってことです。
そのため、ボーンしきれなかったり、転んでしまったりするのです。

しかし、左手を引っ張り上げると、左足を伸ばすこととバランスが取れて重心の位置が変わりません。
そのため、安心してボーンできます。


しっかり伸ばすため
左足と左手で引っ張りあうことで、しっかり伸ばせます。
これは、スノーボードをつけなくてもやってみれば分かります。

これらの理由で、上半身の動かし方が重要なのです。
他のボーンも同様に、ボーンする足側の手(左足ボーンなら左手)を引っ張り上げることがポイントになります。

なのですが。

ここで問題になるのが、グラブしている方の足をボーンしたい場合はどうするのか。ということです。
この場合は、脇腹を伸ばすようにします。
しかし、限界があるのでシフトと組み合わせてボーンするスペースを作る必要があります。

この辺りの話になると細かい話になりますので、詳しくはそれぞれのトリックの解説ページをみてください。


おまけ

このページ主旨とはちょっと違いますが、グラブの位置、膝の曲げについて説明しておきます。
意外と盲点になっているようです。

例えばインディグラブの場合、左足寄りよりも右足寄りをつかんだ方がボーンしやすいです。
また、右膝がしっかり曲がっていた方がボーンしやすいです。

このように、グラブする位置やボーンしない方の膝の曲げ方もボーンしやすくするために忘れてはいけないポイントです。









>スノーボードでジャンプ(理論、知識編) -INDEX-
>>スノーボードでジャンプ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-v