スノーボードのセッティング|スノボーのスー

ストラップの調整

ストラップがきついと締めづらいですし、緩いと滑りづらいので、丁度良いところに調節しましょう。

アンクルストラップの調整

ストラップの合わせ方は、メーカーやモデルによって違います。
ここでは最近一般的になっているやり方で説明します。

1)ブーツをはめて、アンクルストラップを締めてみる
ブーツのヒモを締めてはめてください。




2)ストラップが短くて締めづらかったり(A)、ストラップが長くてブーツがしっかり固定されなかったり(B)した場合は、調節します。

<(A)ストラップが短い>


<(B)ストラップが長い>



3)ストラップの長さを調節する
最近のバインディングは、アンクルストラップのパッドの根本のビス(C)で調節できるものが多いです。
このビスを緩めて、パッドがブーツの正面にくるように調整すれば、終了です。

<(C)アンクルストラップの調整ビス>


<パッドがブーツの正面>


使っているうちにストラップが伸びて緩くなります。
緩くなったら、再調整してください。

トゥストラップの調整

アンクルストラップと同様に、丁度良い長さでないと面倒なので、調節しましょう。

<トゥストラップの調整ビス>



以上で、ストラップの調整は終了です。









>バインディングの調整 -INDEX-
>>セッティング -INDEX-
>>>スノーボードの準備 -INDEX-
>>>>スノボーのスー -TOP-