スノーボードのセッティング|スノボーのスー

ガスペダルの調整

ガスペダルが調整できるようになっているバインディングの場合は、ブーツに合わせましょう。



ガスペダルがピッタリフィットしていると、爪先側に体重が掛けやすくなります。

ガスペダルを動かす方法は、メーカーによって違うので、バインディングに付属されていたマニュアルを見てください。

調整方法

1)とりあえず、ブーツをバインディングにはめてみる




2)ガスペダルとブーツの間の隙間をチェックする
ガスペダルのカーブとブーツのカーブがピッタリフィットするのが理想的です。
ガスペダルのカーブが離れていたり(A)、ブーツの下にガスペダルが潜っているとき(B)は、ガスペダルを前後にズラしてピッタリフィットするように調節します。

<(A)隙間が空いてる>


<(B)窮屈でつま先が出過ぎてる>



3)ガスペダルを動かす
ガスペダルを調節する所はバインディングの裏側にあることが多いです。
今回使っているバインディングの場合は(C)を付け替えて調節します。

<(C)この黒いポッチを付け替える>


調節するとこうなります。
<ピッタリフィット>


理想的な形でピッタリフィットできない場合は、ガスペダルのカーブとブーツのカーブが離れてる(A)か、ブーツの下にガスペダルが潜りこんでる(B)のどちらかになります。

どちらか言うと、(A)の方が良いので、そっちに合わせてください。

以上でガスペダルの調節は終了です。









>バインディングの調整 -INDEX-
>>セッティング -INDEX-
>>>スノーボードの準備 -INDEX-
>>>>スノボーのスー -TOP-