スノーボードウェアの選び方|スノボーのスー

スノーボードウェアの選び方

初めてスノーボード用のウェアを購入するときの選び方を紹介します。

ウェアを買ってテンションを上げよう

スノーボードは見た目重視のスポーツといっても過言ではありません。
ある意味、一番目立つウェアが一番重要です。

なので、お気に入りのウェアを見つけましょう。

まずはヒッププロテクターを手に入れよう

ウェアを選ぶ前にヒッププロテクター(通称「ケツパッド」)を入手しましょう。

ヒッププロテクターがあるのと無いのとではサイズが全然違います。
試着の際は、ヒッププロテクターを忘れずに!

ウェアの選び方

基本的には気に入ったデザインを購入すれば問題ありませんが、知らないと失敗し易い注意点を紹介します。



スノーボードウェアはかなり大きい

スノーボードウェアは普段着よりもかなり大きめに作られているので、丁度良いサイズでもかなり大きく感じます。

ファッションとして大きめのサイズが好まれているというのも一因ではありますが、スノーボード中のスタイルがかっこ良く見えることが根本的な理由です。

試着で丁度いいと思ったサイズでも「実際に使ってみると意外と小さかった」という失敗は良くあるパターンなので注意してください。


【普段着とウェアのサイズ感はかなり違う】


スノーボードは膝や腰を曲げた姿勢になることが多く、真っすぐ立った姿勢という状態はほとんどありません。

そのため、身体にピッタリのサイズだと、滑っている時に寸足らずになったり、突っ張ったりしてしまいます。

そこで、普段着よりもかなり大きいサイズのウェアが必要になるのです。

ブーツを履いてる時と履いてない時でも、パンツの長さの雰囲気が全然違いますので注意してください。

なお、写真右が平均的な着こなしのサイズ感なので参考にしてみてください。


フードは必須
普段の服とは違い、フードは必ず使うことになりますので、フードがついてないモデルは避けましょう。

試着時にかぶってみて、左右に首を動かしてみて動かしづらくなければOKです。


上下同じブランドで揃えた方が良いことも
雪の進入を防ぐために、ジャケットとパンツがジップやボタンなどで繋がる機能がついている場合があります。
ジャケットとパンツが別のブランドだと、接続できない場合が多いので注意が必要です。

機能を気にしないのであれば、別ブランドでも問題ありません。


基本的には腰履き
ウェアのパンツは軽く腰履きするぐらいのバランスでデザインされているものが多いです。

ウェストで履いてしまうとバランスが悪くなることがあるので、注意してください。


派手なデザインのものが多い
普段着では使わないような、派手なデザインやカラーリングが多いので、目が慣れないうちは敬遠したくなるかもしれません。

しかし、スキー場で見ると結構普通に見えるものです。

「ハデだと下手なのに目立つからヤダ!」という人を見かけますが、ウェアがハデな人は沢山いるので、意外と目立っていません。
好きなデザインを選びましょう。


購入時の注意

スノーボードショップ(専門店)で購入する場合は何も選んでも間違いありませんが、スポーツ量販店やイベント会場でのアウトレットセールなどでは、スノーボードに詳しい人なら絶対に選ばないブランドや、ウェアとして基本的な機能や防水性が足りないものが含まれている場合があります。

安ければブランドや機能なんて何でも良い。という人は別として、ほとんどの人は後で後悔するので気をつけてください。


インナーにも気を使って

ウェアの下に着るインナーのことは忘れがちですが、実はかなり重要です。

普段着サイズの服をインナーに着ていると、ランチ休憩などでジャケットを脱いだ時の格好がかなりかっこ悪いので、インナーにも気を使いましょう。

(左)インナーに普段着を着るとかなり残念。
(右)パンツのサイズに合わせたインナーを着ておけば、ジャケットを脱いでもバランスが良い。



最近の傾向としては、大きめのTシャツやパーカーをインナーに使う上級者が多いです。





参考写真として使用したFictionalのアイテムは良心的な価格で使い勝手が良く、おすすめです。
チェックしておきましょう。









>スノーボード用品の選び方 -INDEX-
>>スノーボードの準備 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-