スノーボードの選び方(初めて編)

初めてスノーボード(板)を購入するときの選び方を紹介します。

初めて買うのに最適なスノーボードとは?

初めて買うスノーボードで最適なものは「操作が簡単なスノーボード」です。

まずは、操作が簡単なスノーボードを使って滑り方やトリックのコツを覚えることが、上達への近道です。

技術レベルが高くなると、操作が簡単なスノーボードではデメリットが発生してしまいますが、かなり高いレベルの話なので今は気にしなくて大丈夫です。

上級者用のスノーボードは操作が難しく上達の妨げになるので、選んでしまわないように気をつけてください。


初めてのスノーボードの選び方(簡易版)

一人でできる「操作が簡単なスノーボード」の選び方を紹介します。

自分で勉強する必要の無い、超簡易版です。

1)自分に最適な長さを知る

自分にとって最適なスノーボードの長さは、身長によって変わります。

●175cm以上の人は、「身長 ー 約20cm」の長さ
(身長180cmの人は、160cm前後の板)

●160〜175cmの人は、「身長 ー 約15cm」の長さ
(身長165cmの人は、150cm前後の板)

●160cm以下の人は、「身長 ー 約10cm」の長さ
(身長150cmの人は、140cm前後の板)

板の選び方イラスト2


2)自分の目標・目的を選ぶ

最適なスノーボードを選ぶにあたって、目標・目的を決めましょう。

以下の2パターンから、選んでください。

A.多少苦労してでも、早くカービングターン(レベルの高いターン)を覚えたい。


B.ドリフトターン(レベルの低いターン)で良いので、早くターンを覚えたい。
または、逆エッジを減らすことを最優先にしたい。
または、できるだけ早くグラウンドトリックを覚えたい。



3)自分の目標・目的に最適なスノーボード

A.を選んだ人は、こんなタイプのスノーボードが適しています。
スノーボードの形状:キャンバー
スノーボードの固さ:柔らかい
セットバック:0.5〜1cm

このタイプのスノーボードは、B.のタイプより操作しづらいので最初の頃は少し苦労します。
しかし、カービグターンがやりやすいので、早い段階でカービングターンを覚えることができます。


B.を選んだ人は、こんなタイプのスノーボードが適しています。
スノーボードの形状:ロッカー
スノーボードの固さ:柔らかめ(A.ほどは柔らかくなくてもOK)
セットバック:0〜0.5cm
注意点:癖の無い普通のタイプ

このタイプのスノーボードは操作しやすいので、ターンもトリックも簡単にできます。
また、逆エッジになりづらいという特性があります。

しかし、カービングターンをするのはA.のタイプよりも難しいのが難点です。


購入の手順

「自分に最適な長さ」と「前項で選んだ自分に適したスノーボードのタイプ」を店員さんに伝えて、該当するスノーボードを教えてもらいます。

その中から、一番好きなデザインのスノーボードを選んでください。

デザインを先に選ぶのは、失敗の原因になるので避けてください。

初級者であることを前もって伝えておくと、よりスムーズに話が進むでしょう。


注意
ビス穴の種類によって接続できないバインディングがあるので注意してください。

バインディングが決まっている場合は、バインディングのメーカーを店員さんに伝えて問題ないか確認しましょう。
センターディスクを持参すると確実です。


理想的な購入方法

初めて買う場合でも人それぞれレベル・運動能力は違いますし、スノーボードの種類も沢山あります。

それらの中から自分に最適なスノーボードを選ぶには、信頼できるショップで相談しながら選ぶのがベストです。

当サイトのライダーが所属するショップなら安心して相談できますので、是非訪れてみてください。


寺島陽一所属ショップ:PASTIME BOARD SHOP(東京都八王子市)


スノーボードの特性

スノーボードの特性を知って、自分で選びたい人は以下の解説を参考にしてください。

ただし、細かく解説すると非常に長くなってしまうので、ここでは重要なことと、特性の概要を説明します。

ビス穴の種類

バインディングとつなげるためのビス穴の種類がいくつかあります。
主に以下の二種類です。

スノーボードとバインディングのビス穴の種類が違うとセッティングできないので注意してください。

2×4(4×4)

ツーバイフォー(フォーバイフォー)と読みます。
4cmはなれたビス穴が2cm間隔(4×4は4cm間隔)で配置されています。

4つのビスでとめます。

【2×4】
ビス穴1


2×4(4×4)以外

ほぼ全てのメーカーは2×4か4×4ですが、ごく一部のメーカーは別の規格を使っています。代表的なメーカーはBurtonSnowboardsです。

規格の違うスノーボードとバインディングは接続できないので注意してください。


スノーボードの種類

スノーボードは大きく分けて3種類に分かれます。

【フリースタイル用】
最も一般的なフリースタイル用のスノーボードです。
名前の通り、何でもやりたい人用のスノーボードです。
癖がないので初心者にもお勧めです。


【ジブ・グラトリ用】
レールやボックス、グラトリがやりやすいように作られているスノーボードです。
太くて柔らかいのが特徴。
初心者に適したモデルもありますが、癖があるモデルもあるので注意が必要です。


【フリーライド用】
高速で滑ることに特化したスノーボードです。
基本的に細くて固いのが特徴ですが、最近では逆に太いタイプのものもあります。
スイッチになると滑りづらいので、飛んだりトリックをやりたい人にはお勧めできません。


スノーボードの特性

スノーボードはいくつかの条件によって滑り心地がかわります。
大きな条件は「フレックス方向の形状」「長さ」「太さ」「固さ」の三つです。

スノーボードの形状(フレックス方向)

スノーボードを床に置いて、横から見たときの形状に色々なパターンがあります。

形状によって乗り味がちがうので、代表的な形状について簡単に説明します。

キャンバーボード

キャンバー

ノーズ付近とテール付近が接地していて、スノーボードの中心が大きく浮いています。

操作性よりも安定性を重視している形状です。
安定性が重要な状況(高速での滑走、キッカーでのジャンプなど)で威力を発揮します。

エッジが雪面に掛かりやすいのでカービングターンが簡単にできますが、その反面、逆エッジにもなりやすいのが難点です。

反発力が強いので、スノーボードの反発を利用したトリック(オーリーなど)にも向いています。

最も一般的な形状です。


ロッカーボード

ロッカー

スノーボードの中心が接地していて、ノーズとテールが大きく浮いています。

安定性よりも操作性を重視した形状です。
操作性が重要な状況(初級レベルのターン、グラウンドトリックなど)で威力を発揮します。

浮力が強いので、パウダー(新雪)滑走が簡単なことも特徴です。

エッジが雪面に掛かりづらいのでカービングターンは難しくなりますが、逆エッジになりづらいというメリットがあります。

スノーボードの反発力が弱いので、反発させたくないトリック(プレスなど)は特にやりやすいです。

簡単にしなるので、グラウンドトリックが派手に見える効果もあります。

全般的に操作が簡単なので、初心者向けとしてオススメされることが多いです。


フラットボード

フラット

スノーボード全体が接地している形状です。
キャンバーボードとロッカーボードのちょうど中間の特性をもっています。

安定性も、操作性も、スノーボードの反発力も中間です。

中間と言うと、一番普通の形状と思うかもしれませんが、そうでもなく、キャンバーボードやロッカーボードの方が一般的です。

フラットボードにこだわりを持った上級者が使用していることが多いです。


フラットロッカーボード

フラットロッカー

バインディング間が接地していて(フラット)で、ノーズとテールが大きく浮いている(ロッカー)形状です。
フラットボードとロッカーボードの中間の特性をもっています。

ロッカーボードをベースに、少しだけ操作性を犠牲にし、少しだけ安定性を高めているタイプです。

ロッカーボードに近い操作性の高さを備えているので、ロッカーボードの購入を検討している場合は、フラットロッカーボードも選択肢に入れてよいでしょう。


ミニキャンバーボード

ミニキャンバー

スノーボードの中心は浮いていますが、浮いている長さが短い形状をしています。

キャンバーボードのカービング性能をある程度残したまま、操作性を向上させたタイプです。

キャンバーボードより安定性は劣ります。

テールとノーズがロッカーボードに近い形状なので、反発を使うトリックよりも使わないトリックに向いています。

強いて言うなら「グラトリを簡単にやりたいけど、カービングもある程度したい人向け」の形状です。


ダブルキャンバーボード

ダブルキャンバー

スノーボードの中心がへこんで、バインディングの下が浮いている形状です。

キャンバーボードの、テール・ノーズの反発力を残したまま、操作性を向上させたタイプです。

特殊な形状なので、初めて買うスノーボードとしては注意する必要があります。

反発を使わないトリックよりも、反発を利用するトリックに向いています。

強いて言うなら「操作性を高めたいけど、オーリーはしっかり掛けたいし、キッカーも飛びたい。という人向け」の形状です。


スノーボードの長さ

一般的な長さ

一般的に、「(身長)ー(10〜15cm)」のスノーボードが丁度いいと言われています。
ですので、身長165cmの場合、155cmのスノーボードは長め、150cmのスノーボードは短めということになります。

ただし、身長が高くなるほどスノーボードの長さとの差は広がり、身長が低くなるほどスノーボードの長さとの差は少なくなります。

本来、スノーボードの長さを選ぶには体重も関係しているのですが、極端に太っている人以外は身長で選んで問題ありません。

体重を考慮に入れる場合は、体重が重いほど長いものを、軽くなるほど短いものになります。


長さの違いによる特性

長いと高速滑走中の安定感が増します。
また新雪を滑るときに浮力が増して滑りやすいです。
しかし、扱いづらくなります。

短いと高速滑走中の安定感が減ります。
しかし、扱いやすくなります。

初級レベルでは高速滑走をすることは少ないです。
また、新雪時にスノーボードを扱うのは難しいので、スノーボードが長いと滑るどころか操作に苦労します。

そのため、安定感や浮力より扱いやすさを重視して短かめのスノーボードを選択するのがベストです。


スノーボードの固さ

スノーボードの固さは二種類あります。
「フレックス」と「トーション」です。

フレックスはスノーボードがしなる方向の固さです。
トーションはスノーボードがねじれる方向の固さです。

通常のスノーボードはフレックスが固い場合はトーションも固く、フレックスが柔らかい場合はトーションも柔らかいです。

ここでは「固い=フレックス、トーション共に固め」、「柔らかい=フレックス、トーション共に柔らかめ」という意味で説明します。


一般的の固さ

初心者用、ジブ・グラトリ用は柔らかめです。
フリースタイル用は色々あります。
フリーライド用は固めです。

目的に合わせて色々あるってことですね。


固さの違いによる特性

固いと高速滑走中の安定感が増します。
しかし、扱いづらくなります。

柔らかいと高速滑走中の安定感が減ります。
しかし、扱いやすくなります。

初級レベルでは高速滑走をすることは少ないです。
そのため、安定感より扱いやすさを重視して柔らかめのスノーボードを選択すると良いです。

スポーツ経験があり、脚力に自信のある人は中ぐらいの固さのスノーボードでも良いと思います。
(固い板はやめましょう。コツが必要なので脚力があっても難しいです。)

触ってチェックするのが通常ですが、判断するのが難しいので、店員さんに聞きましょう。


スノーボードの太さ

スノーボードの太さはウェスト幅とサイドカーブの大きさで決まります。
しかし、両方を考慮してスノーボードを選ぶと大変なので、ここでは「ウェスト幅=太さ」として説明します。


一般的の太さ

初心者用は中くらいです。
フリースタイル用はピンキリです。
ジブ・グラトリ用は太めです。
フリーライド用は細めが多かったのですが、最近では逆に太いものもあります。

スノーボードの長さによっても太さはかわるので、ショップの店員さんに相談しましょう。

参考までに、153cmのスノーボードの場合、ウェスト幅24.6cmぐらいが中ぐらいです。
(24.2だとかなり細く、25.0だとかなり太いです。)


太さの違いによる特性

太いと、直進してるときの安定感が増します。
しかし、扱いづらいです。

細いと、ターンの切り替えが楽に出来ます。
しかし、不安定です。

極端に太い、または極端に細いスノーボードは、初級レベルの人にとってかなり扱いづらいです。
デメリットばかり感じてしまいます。
そのため、中くらいの太さを選ぶのがベターです。


足が大きい人小さい人

身長に対して極端に足が大きい人は、スノーボードからブーツが飛び出してしまいます。
(多少の飛び出しは問題ありません。)

飛び出しすぎるとブーツが雪面にぶつかって転ぶ原因になるので、太めのスノーボードを選びましょう。

身長に対して極端に足が小さい人は、細めのスノーボードを選んだ方が扱いやすいです。

両方ともブーツとバインディングとスノーボードを合わせてみないとわからないので、店員さんに相談しましょう。


結局何がいいのか?

初めて買うスノーボードを選ぶ時にこだわり過ぎても、答えはありません。
癖のない、扱いやすいスノーボードを選択しましょう。

2枚目以降は、今使っているスノーボードを参考にして、

もっと安定感が欲しい、でも長さは変えたくない
→同じ長さで固めのスノーボードを買おう!

もっと柔らかく使いたい、でも安定感は減らしたくない
→今よりも長くて柔らかいスノーボードを買おう!

キャンバーボードを使っているけど、もっと簡単にグラトリしたい!
→同じ長さのロッカーボードを買おう!

といった具合に選べるようになります。


セットバックとは?
スノーボードの中心よりも後ろにズラしてバインディングをつけることをセットバックと言います。

スノーボード自体がセットバックされている状態に設計されているものと、自分でバイディングを付けるときにズラしてつける場合があります。

セットバックされていると、メインスタンスが滑りやすくなります。

A)で0.5〜1cmセットバックが入ってるスノーボードをおすすめした理由は、一番一般的で、癖のないスノーボード(フリースタイル用)が多いからなんです。

セットバックの詳細はセットバックについてを読んでください。


高いスノーボードは性能が良い?
各メーカーの中で、比較的高価なモデルと比較的安価なモデルがありますが、高いモデルほど良いかというとそうでもありません。

(違うメーカー同士で価格を比べてしまうと、基本的な品質が違うので話は別です。)

基本的に、高級なモデルほど上級者向けになっていることが多いので、初級者にとっては扱いづらい可能性が高いです。

また、高くなるほど高級なソール素材を使っていますが、高級な素材ほどマメなメンテナンスが必要となるので、初級者にとっては負担になるだけです。

スノーボードは、価格ではなく機能で選びましょう。


>スノーボード用品の選び方 -INDEX-
>>スノーボードの準備 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-